ポルトの観光スポット トップ 20, ポルトガル

630
38 575

ポルトガル北部の首都であり、ポルトガルの真の真珠であるポルト市は、観光客にとってまさに無尽蔵の宝庫です。この街はとても雰囲気があり、本物であるため、一目見ただけで恋に落ちてしまうでしょう。リベイラの古い家、半分みすぼらしい壁、曲がりくねった通りは想像力を刺激し、素晴らしいポートワインは血を温め、シンプルで心のこもったポルトガル料理はポルトを訪れる人の心の中に永遠に残るでしょう。

珍しいアズレージョを鑑賞したり、バロック様式の教会に入ったり、カイス ダ リベイラの堤防に沿って思索にふけったり、街を際限なく歩き回ることができます。ポルトは飽きることがないようです。街の隅々がすでに注意深く調べられ、何年もの間記憶に刻まれている場合、ドウロ渓谷沿いの川沿いの散歩は余暇の時間を多様化することができます。

ポルトの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

リベイラ地区

ドウロ川沿いに位置するカラフルな中心地区。ユネスコの世界遺産リストに登録されています。リベイラの多くの家は築300年ですが、まだ居住可能です。この地区は、急な階段と狭い道を通ってカイス ダ リベイラの海岸沿いに下りており、道に迷いやすいです。ウォーターフロントには居酒屋、ポルトガルの漁師の伝統的な料理を提供するレストラン、ベンチのある展望台があります。

リベイラ地区

フリーダムスクエア

XIX 世紀から XX 世紀の魅力的な邸宅や行政施設に囲まれたポルトの中央広場。モダンなスタイルで。すべての建物が単一の建築計画に従って建てられているため、広場とその近隣地区の外観は、都市の旧市街の混沌とし​​た発展とは著しく異なります。中央には、19 世紀半ばに作られたペドロ 4 世の記念碑があります。

フリーダムスクエア

サンタカタリーナ通り

ポルトのショッピングの中心地。最大限の数のショップ、土産物店、カフェ、ペストリーショップが集中しています。このため、この通りは観光客に非常に人気があります。ここでは、地元のコルク樫で作られた靴、バッグ、その他の製品、オリジナルのポルトガルのポートワインを購入したり、さまざまなペストリーを味わったり、ドウロ渓谷のブドウ品種から作られた素晴らしいワインを飲んだりすることができます。

サンタカタリーナ通り

本屋「ライブラリー・レロ」

「Livraria Lello」は、品揃えではなく、建物の内装と建築で有名です。この店は世界で最も美しい書店と言われています。 2階建てで、エレガントな赤い階段が2階につながり、店舗の屋根はエレガントなステンドグラスで構成されています。この店は 19 世紀末にオープンし、現在はポルトガルの国定記念物に指定されています。

本屋「ライブラリー・レロ」

カフェ マジェスティック

アールヌーボー様式の壮麗な内装が特徴の有名カフェ。香り豊かなコーヒーや美味しいペストリーが豊富に楽しめます。サンタカタリーナ通りにあるカフェなので、いつも観光客で賑わっています。そこで空いているテーブルを見つけるには多大な労力がかかります。このカフェは 20 世紀初頭に建てられた建物内にオープンし、すぐに地元の貴族の間で人気を博し、後にポルトのゲストにも注目されるようになりました。

カフェ マジェスティック

ハウス オブ ミュージック

ポルトの主要なコンサート ホールの 1 つ。この建物は建築家 R. コールハースによって 2005 年に建てられました。開幕後、なぜかすぐにポルトのシンボルに任命された。建築分野の専門家の中には、音楽の家を傑出した現代的なプロジェクトと呼び、ビルバオのグッゲンハイム美術館やベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の建物と比較する人もいます。コンサート ホールは 1200 席を収容でき、内部にはレストラン、屋外テラス、楽器店があります。

ハウス オブ ミュージック

セラルベス博物館

この博物館は、A. ヴィエイラのプロジェクトに従って 20 世紀半ばに建設されました。博覧会が開催される建物自体はミニマリズムのスタイルで建てられており、壮大な景観の公園に囲まれています。この美術館は現代美術を専門としています。著名な巨匠の展覧会がここで頻繁に開催されます。訪問者は公園内でくつろぐことができ、それ自体が独立したオブジェとも言えます。

セラルベス博物館

ソアレス ドス レイス博物館

カランカス宮殿内にある最も重要な都市博物館の 1 つ。ここにはポルトガルの国内美術の豊富なコレクションが展示されています。博覧会の印象的な部分は、アントニオ・スアレス・レイスによる彫刻のコレクションで占められています。この博物館は、ペドロ 4 世の参加により 19 世紀初頭に開館されました。最初の展示品は、修道院から押収された美術品と宮廷芸術家の作品でした。

ソアレス ドス レイス博物館

ポルト大聖堂

ポルトの最高地点に位置する市の中心大聖堂。そのため、市内のほぼどこからでも見ることができます。この寺院のユニークな点は、12 世紀に建てられ、そのままの形で私たちに伝えられていることです。大聖堂は再建、拡張、破壊されませんでした。ロマネスク様式の巨大な建物を中心に、ポルトは数世紀にわたって発展してきました。大聖堂は伝統的なアズレージョ陶器で装飾されています。

ポルト大聖堂

クレリゴスの教会と塔

クレリゴスの塔はポルトのシンボルであり、大聖堂のように市内のどこからでも見ることができます。何世紀にもわたって、この建物は大西洋からポルトの港に入る船の目印として機能してきました。塔自体は、18 世紀半ばに建てられた寺院の教会の鐘楼です。

クレリゴスの教会と塔

カルモとカルメル会教会

一見すると一つの建造物と見間違えるほど近くに位置する二つの寺院。カルモ教会はバロック様式とロココ様式で建てられましたが、カルメル会教会のファサードはよりリラックスした古典的なスタイルで作られています。建物は、シルベストレ・シルベストリ作の青いアズレージョで装飾されています。教会の内部は豊かに塗装され装飾されており、一部の要素は金で縁取られています。

カルモとカルメル会教会

聖フランシスコ教会

アッシジの聖フランシスコ騎士団の会員は、13 世紀にはすでにポルトに現れました。彼らはすぐに自分たちの神殿の建設に着手しました。工事は 15 世紀に完成し、それ以来、寺院の外観はあまり変わっていません。この建物はポルトガルのゴシック様式を代表する建築物です。モダンなインテリアは、その後、17 世紀から 18 世紀にかけて作成されました。豪華さと装飾の素晴らしさが特徴です。

聖フランシスコ教会

チャペル ダス アルマス

18 世紀に建てられた小さな教会で、最初は周囲の風景からまったく目立たなかった。 1929 年に、数千枚の伝統的なアズレージョ タイルで覆われ、その後、ポルトの観光名所リストの主要な場所の 1 つになりました。さまざまな歴史や神話をテーマにした青と白の伝統的なタイルでこれほど豊かに装飾された建物は市内に他にありません。

チャペル ダス アルマス

司教の宮殿

この建物の歴史は、地元の教会の人物、ジョアン ラファエル デ メンドンスが自分の宮殿を建てたいと考えた 12 世紀に始まりました。しかし、彼は仕事が完了するのを決して待ちませんでした。最初の建物はロマネスク様式で建てられましたが、何世紀にもわたって何度か再建されました。 18 世紀に宮殿は再び再建され、建築様式にバロック様式の要素が追加されました。

司教の宮殿

エクスチェンジ パレス

フランシスコ会修道院の跡地に位置する新古典主義様式の宮殿。修道院は 19 世紀初頭に焼失し、廃墟はすぐに地元の商人によって引き継がれました。彼らはすぐに商業協会の本部の建設に着手しました。この建物は建築家ジョアキン・ジュニアによって設計されました。多くの地元の職人が装飾やインテリアデザインに携わりました。

エクスチェンジ パレス

サンベント駅

国中から列車が到着するポルトの主要駅。多くの郊外電車がこの駅から出発するため、観光客にとっては間違いなく便利です。この建物は焼失した(そして徐々に荒廃した)ベネディクト会修道院の跡地に建てられました。将来の駅の基礎となる最初の石は、1900 年にカルロス 1 世によって築かれました。サン ベントは、その壮麗な内装で世界中に知られています。すべての壁は絵のように美しいアズレージョ タイルで装飾されています。

サンベント駅

ドン・ルイス橋

ドウロ川にかかる鉄道橋で、港とヴィッラ ノヴァ ディ ガイアの町を結んでいます。建物はギュスターヴ・エッフェルの弟子であるテオフィルス・セイリグによって設計されました。橋は非常に絵のように美しいことが判明しました。「透かし彫り」のポンツーンが川の上を飛んでいるように見え、エレガントなデザインが周囲の風景を調和して引き立てています。橋からはポルト、ヴィラ ノヴァ デ ガイアの街、ドウロ川の川床の素晴らしい景色を眺めることができます。

ドン・ルイス橋

マリアピア橋

ドウロ川にまたがる鉄橋が投げ込まれ、都市景観を飾っている。 19 世紀末に、川の不安定な砂利底に支柱を設置できる高度な技術を使用して建設されました。この橋はエッフェル塔の建築家ギュスターヴ・エッフェルによって設計されました。しかし、このデザインは、エッフェルの他の作品と同様、真のエンジニアリングの傑作とみなされています。

マリアピア橋

ドラゴンオスタジアム

地元チーム ポルトのホーム サッカー アリーナ。機能的でモダンなヨーロッパのスタジアム。 2004 年にはここでワールドカップの試合が開催されました。スタジアムでは、いくつかの有名な音楽グループによる公演も開催されました。観客スタンドがアリーナに限りなく近づくように設計されています。スタジアムは約52,000人を収容できます。

ドラゴンオスタジアム

ポートワイン

ポルトはポートワインの発祥の地であり、この飲み物を製造する会社の所在地です。大手ワイン​​会社(カレム、サンデマン、コックバーン、W.

ポートワイン