京都の観光名所トップ25, 日本

1 109
62 661

日本の古都は、この公式の地位を失ったとはいえ、国の主要都市の一つであり続けました。何世紀にもわたって、皇室は京都を再建し、現在の特徴を与えました。地区の建築上の特徴を一言で伝えるのは難しい。伝統的な日本様式の建物の数が印象的です。これらは茶室、塔、パビリオンです。人口100万人以上の都市としては珍しい木造建築物も多い。

京都の主な観光スポットは寺院群です。金閣寺など、将軍の宮殿や別荘を改築したものもあります。日本の国民性は現代でも忘れられていません。観光客は、祇園街や錦市場を訪れると、日出ずる国の雰囲気に浸ることができます。

京都の見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

祇園四街

国内で最も有名な花街。中世に形成され始めました。通りには今でも古い建物が立ち並び、そのほとんどが茶屋、レストラン、町家です。観光客は芸者のレッスンを受けることができます。踊り、楽器の演奏、儀式を習ったり、衣装を試着したりすることができます。この地区は部分的に国定歴史建造物に指定されています。

祇園四街

先斗町地区

日本の伝統的な夜の繁華街の一つ。小さな通りにはティーハウス、レストラン、ショップ、娯楽施設がたくさんあります。この地区では、芸妓に会えるほか、歌舞伎劇場を訪れることもできます。この地域では、年に 2 回、先斗町歌舞練場の伝統である珍しいパフォーマンスが開催されます。カラフルなショーは、ダンス、楽器の演奏、芸者の儀式が共生したものです。

先斗町地区

二年坂・三年坂

東山丘陵の麓に位置します。道は狭く、急な坂があり、階段があります。 「三年坂に落ちると3年以内に死が訪れる」という迷信がある。通りの両側には木造の家が建っていた。彼らは店を収容していました。代表的な特産品は手描きの陶器です。希望すれば料理が作られる過程を見学することもできます。

二年坂・三年坂

伏見稲荷大社

この場所に最初の建物が現れたのは 8 世紀です。しかし、伏見稲荷が本格的なシオニスト寺院としての形を整え始めたのは 1499 年になってからであり、その後、本堂が建立されました。平安時代には皇室が積極的に寺を支援した。敷地内にはキツネの像や像がたくさんあります。これらの動物たちは稲荷の神様である稲荷さんの使いです。伝説によると、この寺院は彼の国を通過したことを記念して建てられたものです。

伏見稲荷大社

金閣寺

鹿苑寺の敷地の一部。 1397年に建てられ、将軍足利義満の邸宅でした。彼は公務に疲れてついにここに引っ越してきた。周囲には広大な緑地があり、人工公園と「野生の」森林の両方が含まれています。将軍の死後、別荘は仏教寺院になりました。このエリアは改装されています。メインホールには宗教的なシンボルが表示されます。

金閣寺

清水寺

この寺院群は 14 世紀から 16 世紀にかけて建てられました。名前を直訳すると「純水の神殿」。アンサンブルには多くの建物やオブジェクトが含まれています。最も注目すべきは、本堂、塔、拝殿、鐘楼、経蔵、馬小屋です。ほとんどの場合、この複合施設は女神観音を祀っています。輪廻転生の能力を持っているため、境内にはさまざまな観音像が見られます。

清水寺

シルバーパビリオン

鬱蒼とした森に覆われた山の麓にあります。パビリオンは庭園とともに 1 つの複合施設の一部となっています。このランドマークの歴史は 15 世紀末に遡ります。将軍足利義政のために建てられた宮殿です。 2 つのフロアは伝統的なスタイルの屋根で覆われ、その頂上にはフェニックスの置物が取り付けられています。 2階の外周にはギャラリーが広がっています。パビリオンの入り口のすぐ前には人造の湖が作られています。

シルバーパビリオン

龍安寺

1450 年の日付。ユネスコの世界遺産リストに含まれています。彼は主に石庭のおかげで有名になりました。仏教の僧侶による瞑想のために作られました。敷地は白い砂と砂利で覆われ、土壁で囲まれています。石の位置には一定の解釈があります。龍安寺の境内には、祭祀に使われる牛の石器「龍安寺つくばい」があります。

龍安寺

東寺

この寺院複合体は 796 年に設立されました。高さ 57 メートルの主塔は、市内で最も高い木造建築物として知られています。 5 階建てのこの建物は、年に数日だけ観光客に公開されます。何度も再建が行われたにもかかわらず、この複合施設は以前の境界内に留まり、元のスタイルを保っていました。東寺の堂内の一つに宝物庫があります。さまざまな時代の工芸品や貴重品がここに保管されています。

東寺

三十三間堂

建設は 1164 年に完了しました。名前は「ホール 33 ロング」と訳されます。 「胴」は日本の建築における長さの単位です。 1249 年の大火の後、寺院の複合施設は完全には修復されませんでした。彼らは今日まで生き残っている本堂のみに限定しました。三十三間堂は、主に 1,001 体もの観音像をコレクションしていることで有名です。

三十三間堂

南禅寺

市内の主要な仏教寺院。 1386 年以来、京都五大寺院を主宰しました。もともとこの場所には別荘が建てられ、1293 年に信仰の対象として改築されました。いくつかの寺院と 2 つの庭園がこの複合施設内で際立っています。南園には二つのため池が作られています。南禅寺は、1週間にわたる史上最長の将棋対局が開催されることで有名です。

南禅寺

二条城

建設は 17 世紀初頭に始まり、数世紀にわたって続きました。公園エリアと庭園を含む複合施設の総面積は275,000平方メートルです。かつて、この城は徳川家の居城でした。 1867 年にここで、日本の最後の将軍から明治天皇への権力の移譲が行われました。 1940 年以来、誰でもこの地域を訪れることができるようになりました。城はユネスコの世界遺産リストに登録されています。

二条城

皇居

建設は 794 年に始まりました。その歴史の中で、宮殿は何度か焼失しました。再建中、当時の天皇の意向に従って施設に変更が加えられました。前々世紀末の東京移転に伴い、敷地は休止状態となった。さらに2回の戴冠式が京都で行われた。周囲は庭園になっており、別名「帝国公園」とも呼ばれています。

皇居

京都国際マンガミュージアム

2006年から活動しており、精華大学に拠点を置く研究センターでもあります。この博覧会には約20万冊のマンガが展示されています。マンガ ウォールは 3 フロアを占め、過去 50 年間の出版物が展示されています。漫画喫茶では食事をしたり本を読んだりすることができ、訪問者は出口で施設内で過ごした時間分の料金を支払います。博物館は水曜日を除く毎日開館しています。

京都国際マンガミュージアム

京都鉄道博物館

広大な敷地に日本の鉄道の歴史が語られています。展示の中心となるのは、完璧な状態にある 36 両の列車です。その中には、本物の希少品である古いモデルや、最新の高速鉄道もあります。博物館には図書館が設置されており、さまざまな種類の交通機関、特に鉄道に関する雑誌や書籍が 34,000 冊収蔵されています。敷地内にはドライビングシミュレーターもございます。

京都鉄道博物館

サムライと忍者の博物館

市内中心部に近い場所にあります。博物館のコレクションは、794 年から 1868 年までの合計 5 つの時代をカバーしています。複製品の中には、特に貴重な衣服、甲冑、武器のオリジナルが含まれています。ツアー中、ガイドは侍や忍者の生き方について語ります。有料ですが、日本古来の武士の正装姿で写真撮影が可能です。

サムライと忍者の博物館

京都国立博物館

明治天皇の御代に創建。設計を担当したのは西洋建築の信奉者、片山東熊氏。したがって、美術館の建物はフランスのルネッサンス様式で建てられました。博覧会は、美術品、工芸品、考古学的発見の 3 つのエリアに分かれています。常設展示には日本の貴重品だけでなく、他のアジア諸国の工芸品も含まれています。

京都国立博物館

錦市場

市場の歴史は数世紀に遡ります。 「京料理」とも呼ばれます。市の中心部の狭い通りの周囲には何百もの商店が立ち並んでいます。その多くは何世代にもわたって家族によって経営されています。伝統的な日本の漬物、スイーツ、果物、新鮮な魚介類、錦で調理されたあらゆる種類の料理を販売しています。取引は夕方まで続きます。

錦市場

京都タワー

市内で一番高い建物。高さ - 131メートル。建設は 1964 年の京都オリンピックに合わせて行われました。その計画は多くの論争を引き起こした。この塔が古都の景観を損なうと考える人もいれば、パノラマの景観を近代化する必要があると主張する人もいた。その結果、タワーは9階建てのビルに建てられ、店舗やホテルが営業している。強い地震や台風にも耐えられる設計です。

京都タワー

渡月橋

大井川を渡って渡ります。その長さは約150メートルです。名前は「月を渡る橋」を意味します。亀山天皇はこう呼び始めた。夜になると月が橋に触れているように見えることに気づいたという。 12月にはこのエリアで夜のイルミネーションフェスティバルが開催されます。観光客はボートに乗ることができます。ボート乗りは橋のすぐ近くで待っています。地元の人が釣りに来ます。

渡月橋

嵯峨野観光鉄道

1990 年に運行開始。全長 - 7.3 km。佐賀駅と亀岡駅を結びます。電車は熱牽引を使用しており、電化はありません。列車は5両の貨車で構成されています。そのうちのいくつかは開いています。これにより、より良い写真を撮ることができます。途中にいくつかの停留所があります。観光客は外出したり、お土産を買ったり、見て回ったりできます。旅行者にとって特に興味深いのは、巨大なジオラマです。

嵯峨野観光鉄道

円山公園

1886年に開園。園内には800本以上の桜が植えられている。その中で最も有名なのは、円山の主要な自然の名所である「祇園」です。散歩や写真撮影だけでなく、楽しい時間を過ごすことができます。レストランやティーハウスを併設しています。西側には八坂神社があるため、多くの観光客は公園を通ってアクセスすることを好みます。

円山公園

哲学の道

哲学の道とも呼ばれます。東山の麓に位置。長さは約2kmです。近くにはお寺がたくさんあります。道は石が並ぶ運河に沿って続きます。近くには桜の木が植えられており、さらに美しい雰囲気を醸し出しています。開花期には道が花のトンネルのようになります。哲学の道は「日本の観光道100選」にも選ばれています。

哲学の道

竹林

市内近郊に位置します。便宜上、森には特別な道が敷かれ、橋が架けられました。場所によっては土壌が非常に緩んでいるため、橋なしでは歩くのに問題があります。この保護区は 14 世紀から知られていました。夢窓疎石を中心とした僧侶によって創建されました。現在その面積は15平方キロメートルに達しています。夕方になると参道にイルミネーションが灯されます。入り口では竹工芸品を買うことができます。

竹林

モンキーパークいわたやま

京都の郊外にあります。この公園には、さまざまな種類の霊長類の代表である約 200 頭の個体が生息しています。彼らはここでとても快適に感じています。周囲は映画のセットとして頻繁に使用され、公園自体は映画会社の所有物です。特別な餌を購入すれば、サルに手で餌を与えることができます。この公園は丘の上にあるので、街の美しい景色を眺めることができます。

モンキーパークいわたやま