バトゥミの観光スポット トップ 25, ジョージア

1 140
25 086

バトゥミは、黒海沿岸に位置するリゾート兼港湾都市です。歴史を通じて、さまざまな民族グループの代表者がこの地域に住んできました。これは、考古学的発見によって証明されるように、この地域の過去と、例えば建築などの現在の両方に痕跡を残しました。バトゥミは文化、宗教、経済の中心地であるため、観光産業にはさまざまな方向性があります。山岳地帯と海岸地帯のコントラストがこの地域を特に美しいものにしています。

最も美しい観光スポットの 1 つは植物園です。植物の種の多様性に加えて、その外観にも驚かされます。新しいオブジェの中で注目すべきは彫刻「アリとニノ」です。彼女は見た目が珍しいだけでなく、動くこともできます。こうして伝説が私たちの目の前に甦ります。

バトゥミの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

彫刻「アリとニノ」

タマラ・クヴェシタゼのプロジェクトは 2011 年にオープンしました。8 メートルの 2 つの彫刻は、イスラム教徒のアリとクリスチャンのニノの有名なラブストーリーを表しています。彼らの両親は二人の恋愛に反対した。だからこそ、毎晩、珍しいスタイルで作られた彫刻が集まり、一つになり、そして再び発散します。周囲がライトアップされ、特別な雰囲気を醸し出します。

彫刻「アリとニノ」

バトゥミ大通り

1881年に知事に代わってドイツの専門家によって設立されました。全長7kmで、条件付きで新旧に分かれています。付属の庭園は昔ながらの素晴らしさを残しています。快適でモダンなベンチ、照明、そして多くの彫刻が大通りに現れました。シーズン中は小さなレストランやカフェがここでオープンします。観光客の散歩は通常、そのうちの1つに集まることで終わります。

バトゥミ大通り

広場

このプロジェクトは 2010 年にヴァザ オルベラゼによって設計されました。広場はベネチアン スタイルで作られており、グルジア風の雰囲気はありません。後者は、この広場が地元住民や観光客にとってお気に入りの場所であることを妨げるものではありません。ショップやレストランがあり、時にはアーティストが青空の下でパフォーマンスを披露することもあります。歩行者専用道路の交差点で工事が行われているため、ここに来る街の騒音は最小限です。

広場

ヨーロッパ広場

オールド・バトゥミに位置し、過去のアルゴノーツにちなんで名付けられました。この地域には、さまざまな時代にさまざまな様式で建てられた家々が多くの建築的特徴を残しています。世界の著名人は、パ​​フォーマンスのために地域を選択することがよくあります。夕方に響く噴水は町民の魅力の中心となります。ザリガニの中に金色の羊毛をまとったメディアの像もあります。構造物の全高は130メートルです。

ヨーロッパ広場

天文時計

国の国立銀行の建物には天文時計が飾られており、まさに芸術作品です。矢印の先には月と太陽が描かれています。毎正時に時計がメロディーを鳴らします。このデバイスは複数の機能を備えているため、「多層」になっています。それらから、時間だけでなく、月の満ち欠け、太陽の位置、地平線、子午線も決定できます。文字盤は特別な方法で光ります。

天文時計

民族学博物館「ボルジュガロ」

都市の近くに位置し、アジャリアの村の生活と文化について語っています。この博覧会には、ジョージア州の寺院やその他の宗教的オブジェクトの模型が含まれています。民族衣装のコレクションもあります。ボルジガロ地区内には合計約 30 の建物が設置されました。博物館の創設者であるケマル・トルマニゼ氏は木彫りに携わっており、観光客に自身の作品を熱心に見せています。

民族学博物館「ボルジュガロ」

ドラマ劇場。 I. チャフチャヴァゼ

創設時期は1912年とされていますが、当時は季節の劇団のみが舞台に出演していました。常設チームは 1937 年までに結成されました。主にトビリシ劇場のアジャリアスタジオの卒業生で構成されていました。 60年代から70年代にかけて隆盛を極めました。劇場の歴史を通じて公演は交互に行われ、世界の古典作品と地元の作家の作品に基づいた作品が並行して上演されました。

ドラマ劇場。 I. チャフチャヴァゼ

ネプチューンの泉

シアタースクエアに設置。黄金のネプチューンを中心に人魚が三段に配置されています。かつて、この場所は作家 I. チャウチャヴァゼの記念碑でした。噴水はボローニャ出身の同僚を模してギリシャ風に作られました。都市のすべての住民がそのような置き換えを評価できたわけではありません。しかし、観光客にとって、この魅力は本当に興味深いものです。周囲には完全な歩行エリアが作成されています。

ネプチューンの泉

バトゥミ考古学博物館

1994 年から存在しています。ファンドは 22,000 を超える保管ユニットで構成されています。展示品はアジャラ領土での考古学的発見物です。さまざまな民族や文化の代表者がさまざまな時代にここに住んでいたため、コレクションは多様性に富み、他に類を見ないものとなりました。 2007 年に、ジュエリー アートのサンプルを展示する博覧会が開催されました。博物館には修復部門があります。

バトゥミ考古学博物館

アジャラ博物館

1908 年に作成され、著名人のハリトン・アクフレディアニにちなんで名付けられました。コレクションは増加し、1935 年には新しい建物が必要になりました。博物館は当時の敷地を今日まで占有しています。展示品には、さまざまな言語の貴重な本や写本、美術品、写真アーカイブなどが含まれます。さらに、考古学、民族学部門、自然部門も選ばれています。

アジャラ博物館

アジャラ美術館

1998 年に設立。コレクションは 1949 年にスターリン主義帝国様式で建てられた建物にあります。かつては 10 月革命をテーマにした博物館がありました。常設展示には 423 平方メートル、特別展示には 383 平方メートルが割り当てられます。このコレクションは、グルジアの芸術家だけでなく、他国の著名な巨匠による絵画、彫刻、版画で構成されています。博物館には子供用スタジオがあります。

アジャラ美術館

聖母マリア生誕大聖堂

XIX から XX 世紀の変わり目に建てられました。もともとはローマカトリック教会でした。これは主にゴシック様式の建物に見られます。ソ連時代には、本来の目的には使用されませんでした。信者たちは大聖堂を取り戻そうと長い間努力してきた。その結果、正教会に引き継がれ大聖堂となった。入り口には熱心党シモンと最初に呼ばれたアンドリューの像があります。

聖母マリア生誕大聖堂

救世主聖キリスト教会

アルメニア使徒教会を指します。建設は前世紀の 80 年代に建築家ロバート マーフェルドの指導の下で行われました。建物は本来の目的には使用されませんでした。教会での礼拝を再び再開するには、大規模な再建を行う必要がありました。数年かかり、2000 年に寺院の門が信者に再び開かれました。現在は青少年センターと日曜学校があります。

救世主聖キリスト教会

サメバ山のホーリー トリニティ教会

市内中心部から寺院までは約30分です。前世紀半ばに建てられました。しかし、元の建物は火災で焼失してしまいました。その後新しいものが建てられ、最後の再建はすでに 21 世紀に行われました。場所の特殊性により、曇りの日には霧が発生します。残りの時間は、ここから展望台からバトゥミの美しい景色が広がります。

サメバ山のホーリー トリニティ教会

聖ニコラス教会

市の人口の一部のギリシャ人の要望により、19 世紀に建てられました。ソビエト政権の出現により、教会は閉鎖されました。戦時中は被害を受け、荒廃してしまいました。平時は信者らの寄付により再建が行われた。 1946 年以降、いくつかの制限はありますが、再び群れに開放されました。明るい青色の窓と交互のストライプの外壁が建物を際立たせています。

聖ニコラス教会

アルファベットタワー

スペイン出身の建築家、アルベルト ドミンゴ カボが 2012 年にこのアトラクションの建設を担当しました。塔は「奇跡の公園」内にあります。このプロジェクトは、DNA 分子の出現を参照するために考案されました。それに対するヌクレオチドはグルジア語のアルファベットの文字です。金属構造物の高さは130メートルです。頂上には展望台、レストラン、テレビスタジオがあります。そこまではエレベーターでしか行けません。

アルファベットタワー

チャチャタワー

この塔は 2012 年に建てられ、高さは約 25 メートルです。実はこの建物、プールに囲まれた噴水なんです。週に一度、15分間、誰でも自分にご褒美としてチャチャを楽しめます。ジョージアの国民的飲み物は説明の必要はありませんが、市はできるだけ多くの人にこの飲み物について知ってもらいたいと考えています。このランドマークは、まさにこの飲み物を普及させるために登場しました。

チャチャタワー

踊る噴水

市内にはそのような噴水が3つあります。そのうち 2 つはアトラクションのようなもので、水の流れの間を濡れずに走る必要があります。踊る噴水の中で最も注目すべきものは、アルダガン湖に設置されています。パフォーマンスは午後9時以降に始まり、真夜中まで続きます。音楽とそれに反応する水に、レーザー ショーが追加されることがよくあります。背景に山が見える側から撮ると良いでしょう。

踊る噴水

5月6日公園

市内の歴史的な場所の 1 つ。 1881 年にヌリエ湖の隣で解体されました。かつて、この公園はアレクサンドロフスキーと呼ばれていました。 2004 年に起こった「ベルベット革命」を経て、現在の名前になりました。入り口は列柱として設計されていますが、それ以外の点では公園は市内の他のエリアから分離されていません。カフェ、子供向けアトラクション、小さな動物園があります。霊長類や鳥類のいる囲いの検査は有料です。

5月6日公園

バトゥミイルカ水族館

公園「5月6日」の入り口付近にあります。エンターテイメント センターはその規模が印象的です。イルカ水族館は前世紀の 70 年代半ばにオープンしましたが、その後近代化されました。彼はソ連で最初の人物となり、今ではグルジアで最も有名になった。敷地内には 3 つのプールがあり、イルカだけでなくアザラシも参加してさまざまなパフォーマンスを楽しむことができます。観客席は円形劇場風に作られています。

バトゥミイルカ水族館

バトゥミ植物園

世界最大級の植物園の 1 つは 1880 年に設立されました。しかし、訪問者に公開されたのはわずか 30 年後です。その構造はバビロンの庭園に似ており、山から海に向かって階段状に下がっています。 110ヘクタールの敷地に、世界各地から約5,000種の植物が集められています。ほぼ近くには、サクラとモクレン、ユーカリとサボテン、ヒノキとナツメヤシが共存しています。

バトゥミ植物園

ケーブルカー「アルゴ」

ジョージア州で最長のケーブルカーは 2013 年に開通しました。長さは 2600 メートル、高さは最大 250 メートルです。居心地の良い小さな小屋で、観光客は山に登ります。途中、バトゥミを珍しい角度から見るチャンスがあります。頂上では、都市のゲストは設備の整った展望台だけでなく、頻繁にパフォーマンスも楽しめます。チケットを購入すると、両方向の料金がすぐに支払われます。

ケーブルカー「アルゴ」

ゴニオ アプサロス要塞

市内から15kmに位置します。ジョージアで最も古いものの 1 つ: 1 世紀に記録され、元々はローマの前哨基地として使われていました。かつては難攻不落だった要塞は時の流れを免れませんでしたが、築年数の割にはよく保存されています。要塞の領土には、ユダによるキリストの裏切りの後、使徒の一員となったマシューが埋葬されています。きれいなビーチを求めて観光客がここにやって来ます。

ゴニオ・アプサロス要塞

マクンセティ滝とクイーン・タマラ橋

市内から車で約 1 時間のところに、アジャリア独特の自然が残る島があります。滝の高さは20メートルに達します。アドジャリストカリ川を純粋な山の水で満たします。タマラ女王のアーチ型の橋がすぐ近くにあります。石造りで地元の風景に溶け込んでいます。これら 2 つの観光スポットに向かう途中で、川にちなんで名付けられた有名なワインハウスに立ち寄る価値があります。

マクンセティ滝とクイーン・タマラ橋

バトゥミのビーチ

都市はリゾートであるため、境界内および周辺エリアには多くのビーチがあります。それらのほとんどは小石です。最も人気のあるのはバトゥミ ビーチです。黒海沿岸に沿って 6 km にわたって伸びています。インフラが発達しているため、シーズン中は満員になります。空港や新大通り近くのビーチも人気があります。ここでは水への入り口はそれほど便利ではありませんが、それでも泳ぐのには適しています。

バトゥミのビーチ