サラゴサの観光スポット トップ 20, スペイン

1 125
44 794

現代のサラゴサの姿は、ムーア人がイベリア半島のほぼ全域を支配していたコルドバのカリフ時代に形を作り始めました。アラビアとヨーロッパのモチーフを調和的に組み合わせたムデハルの豪華な建築様式が隆盛したのはこの時代でした。

歴史は子孫に、ヌエストラ セニョーラ デル ピラールの豪華な寺院や、現代に建てられたように見えるアルハフェリアのイスラム教の要塞ラ セオ、市の歴史的中心部にある絵のように美しい広場を残しています。サラゴサは、戴冠したカスティーリャのイザベラとアラゴンのフェルディナンドの存在を今でも覚えており、才能あるフランシスコ・ゴヤとパブロ・ガルガッロの文化遺産を注意深く保存し、観光客に親切に門を開いています。

サラゴサの見どころと見どころは何ですか?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

ヌエストラ セニョーラ デル ピラール大聖堂

17 世紀から 19 世紀にかけて建てられたスペイン最大のバロック様式の寺院。現在の教会の場所に最初の宗教建築物が建てられたのは 2 世紀で、その後、ロマネスク様式やゴシック様式の教会が次々に建てられていきました。モダンな建物は強い印象を与えます。端に沿って高さ 90 メートルの塔が 4 つあり、12 のドームがムーアの装飾品で覆われ、内部はフランシスコ ゴヤ自身が塗装しました。

ヌエストラ セニョーラ デル ピラール大聖堂

ラセオ大聖堂

古代、この神殿の場所は、ムーア人の治世中にフォーラム(ローマ都市の中心)、サラグスタ・アル・バイダのモスクでした。 12 世紀にサガゴサが解放された後、イスラム教寺院の代わりにキリスト教寺院の建設が始まりました。 13 世紀初頭から、アラゴンの支配者の戴冠式、結婚式、埋葬がラ セオで行われました。大聖堂は壮大なムデハル様式で建てられました。セビリアの職人が装飾に参加しました。

ラセオ大聖堂

アルハフェリア

11 世紀のムーア人の要塞。コルドバのカリフ制が崩壊し、サラゴサが独立首長国の首都となった後に建てられました。 1384 年以降、アルハフェリアはカトリック王であるカスティーリャのイザベラとアラゴンのフェルディナンドの居城となりました。このとき、建物はゴシック様式の要素を取り入れたムデハル様式で再建されました。 15世紀以来、異端審問所の地下牢がここにあり、当時は兵舎がありました。 20 世紀に修復された後、この要塞には博物館、裁判所、アラゴン立法議会が置かれました。

アルハフェリア

ピラール広場

この広場の別名は、2 つの大聖堂のファサードが一度に見下ろせることから、大聖堂広場とも呼ばれています。この場所についての最初の言及は中世初期の文書にあります。 16 世紀までここには墓地があったと考えられています。この広場がモダンな外観になったのは、修復後の 1940 年代になってからです。大聖堂以外の主な見どころの 1 つは、ラテンアメリカを象徴するフエンテ デ ラ ヒスパニダードの噴水です。

ピラール広場

スペイン広場

市の中央広場の 1 つ。ナポレオン軍に 2 か月間勇敢に抵抗した祖国を愛したアラゴン住民の記念碑が建てられています。記念碑の近くで、噴水のジェット音が響き渡った。最新の修復の結果、この場所はかなりモダンな外観になり、ホテル、ビジネスセンター、管理棟のファサードに囲まれました。

スペイン広場

アルフォンソ通り

観光客向けのショップやあらゆる好みのレストランが集まる典型的な散歩道。おそらく、スペインのどの都市にも 1 つはあるでしょう。この路地は中心部に位置し、ヌエストラ セニョーラ デル ピラール大聖堂から伸びています。冬にはクリスマスの時期に、通りは儀式用の花輪で飾られます。夏には、人々は街のカフェのテーブルに座り、ランチとワインを楽しみます。

アルフォンソ通り

石橋

15 世紀半ばに建設されたエブロ川を渡る。 2 世紀後、洪水によって破壊されましたが、数年後に構造が修復されました。多くの場合、この構造物はライオン橋と呼ばれます。入口には 1991 年に彫刻家 F. R. ラホスによって制作された 4 体のライオンのブロンズ像があるためです。高貴な百獣の王はサラゴサの象徴とみなされています。

石橋

フォロ ロマーノ博物館

古代、サラゴサはローマの植民地として栄えました。現在、かつてのフォーラムの遺跡には博物館があり、古代の広場、劇場、テルマエ、その他の建物の遺跡を見ることができます。石の山からはその構造が実際にどのように見えたかが必ずしも明らかではないため、各オブジェクトの近くにその元の画像が配置されます。

フォロ ロマーノ博物館

サラゴサ博物館

コレクションは民族学、考古学、芸術の展示品で構成されており、博物館には図書館と修復部門もあります。ここでは、ローマのモザイク、アルハフェリア要塞のインテリア アイテム、ルネッサンスの絵画、ロマネスク様式の彫刻などの例を見ることができます。サラゴサ博物館は、アラゴン州最大の博物館の 1 つと考えられています。

サラゴサ博物館

パブロ ガルガロ美術館

この博覧会は、スペインにおけるこの傾向の創始者とみなされている前衛芸術家、P. ガルガロの作品に捧げられています。巨匠の作品は 17 世紀のアルキロ宮殿に展示されています。この画家はパブロ・ピカソほど有名ではありませんが、芸術に対する彼の貢献を過大評価することは困難です。バルセロナの多くの建物は彼の作品で飾られており、最も有名なのはサンタ クル & サン パウ病院とカタルーニャ音楽宮殿です。

パブロ ガルガロ美術館

ラ セオ タペストリー ミュージアム

博物館はラ・セオ大聖堂の敷地内にあります。タペストリー コレクションは、君主、貴族、町民の生活の場面を描いた精巧なパネルで構成されています。それぞれのキャンバスは非常に大きく、信じられないほどの数の俳優と細部が描かれており、この壮大さを作成した人々のスキルに感心させられます。

ラ セオ タペストリー ミュージアム

フランシスコ ゴヤ博物館

このコレクションは、その才能のおかげで世界的に認められた有名な画家の作品に捧げられています。この博物館は、H.K. 教授の主導により 1979 年に開館しました。アズナールと妻のM.L.アルバレス・ピニージョス。夫妻は長年ゴヤの作品を収集しており、そのコレクションを公開することに決めた。現在、美術館では画家の絵画に加えて、同時代の画家による版画や絵画も展示されています。

フランシスコ ゴヤ博物館

文化センター「カイシャフォーラム」

このセンターは、2 つの立方体が交差したような形をした近代建築の建物の中にあります。建物はエストゥディオ カルメ ピノス事務局の建築家によって設計されました。彼らは、高度なテクノロジーの助けを借りて何か珍しいものを作成するという課題に直面しました。 「カイシャフォーラム」は展示ギャラリーやコンサート会場で構成され、レストラン、展望台、ショップも併設されています。

文化センター「カイシャフォーラム」

交流棟「ラ・ロンハ」

ピラール広場にある 16 世紀の歴史的建造物。アラゴン司教ヘルナンドの主導で建てられました。現在、展示ホールはその高い金庫室の下にあり、ある種のヴェルニサージュの作業中にのみ中に入ることができます。中世の証券取引所の建物は、しばしば街の建築装飾となり、その経済力の象徴となりました。

交流棟「ラ・ロンハ」

中央市場

市場は中世にサラゴサに現れました。現在、小売スペースは絵のように美しい 2 階建ての建物内にあります。ここでは地元農家の製品、スペイン料理、お菓子、スパイスを購入できます。製品に加えて、市場では衣服、宝石、骨董品が非常に手頃な価格で販売されています。領土のすぐ近くにある小さなカフェでは、訪問者は郷土料理を味わうことができます。

中央市場

サラゴサ水族館

この市の水族館は河川種のみを専門としており、そのコレクションが非常にユニークです。アフリカのナイル川、スペインのエブロ川、ブラジルのアマゾン川、ベトナムのメ​​コン川、オーストラリアのダーリン・マレーの動物相の代表がこの流域に住んでいます。水族館のツアー中に、ゲストは川の生き物や生態系に関する興味深い事実について説明されます。

サラゴサ水族館

イスパニダードの滝の噴水

この噴水は 1991 年にピラール広場を飾りました。この噴水はアメリカ発見 500 周年を記念して建設されました。それは水の流れが流れる分割ニッチの形で作られています。噴水の隣には地球儀の像があります。ヒスパニダードは、スペイン語が話されている 23 か国の総称です。偉大な地理的発見の時代のおかげで、彼らは共通の文化的ルーツによって団結しています。

イスパニダードの滝の噴水

プエルト・ベニス

多数の店舗で買い物をしたり、レストランでおいしい料理を味わったり、映画館で映画を観たりして楽しい時間を過ごすことができる、大規模なショッピングとエンターテイメントの複合施設です。中心部には噴水と人造湖があり、その岸辺は緑地に囲まれています。場所はショッピングモールというよりは、ある種の海辺のリゾートのようなものです。

プエルト・ベニス

パーク グランデ ホセ アントニオ ラボルデータ

サラゴサで最も古い公園であり、多くの興味深い観光スポットがあります。アルフォンソ 1 世戦士の記念碑、市立博物館の 2 つの分館、18 世紀の植物園、俳優 P.K. の記念碑。ソリアとオペラ歌手 M. フレタ、リンコン・デ・ゴヤ・パビリオン。この公園は、政治家で兼任詩人だった H. A. ラボルデタにちなんで、2010 年に現代の名前が付けられました。

パーク グランデ ホセ アントニオ ラボルデータ

エブロ川

エブロ川はテージョ川に次いでイベリア半島で 2 番目に長い水路であり、スペインで最も水量が多い水路でもあります。川の名前は古代イベリア人によって付けられたと考えられています。エブロ川はカンタブリア山脈に源を発し、アラゴン平原を横切って地中海に注ぎます。サラゴサを含むいくつかの入植地がその岸辺にあります。この川は航行には適していませんが、その水は広大な農地を灌漑するために使用されています。

エブロ川