オムスクのトップ 25 の観光スポット, ロシア

882
65 138

オムスクは観光開発の大きな可能性を秘めた都市であると言えます。その名所と歴史は、文化的および教育的な旅行、広大なシベリア地域、平原、森林、イルティシュ川の岸辺の愛好家、つまり屋外レクリエーションの愛好家を魅了しています。市や地域の行政は地域の魅力を高めるために積極的に取り組んでいます。計画には、エコルート(水上ルートを含む)の創設やスキー場の開発などが含まれる。

ここに追放された F. M. ドストエフスキーや、1918 年から 1919 年に市内に本部を組織した A. V. コルチャーク将軍の名前は、オムスクに関連しています。歴史的な場所への最も興味深い小旅行は、何らかの形で、この 2 人の優れた人物の運命に影響を与えます。

オムスクの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

聖母被昇天大聖堂

最初の被昇天大聖堂は 19 世紀末にオムスクに建てられましたが、ソ連時代の宗教迫害に耐えられず、市当局の命令により建物は爆破されました。長い間、その場所には都市公園が置かれていました。寺院を再建する決定は 2005 年に行われました。工事は非常に迅速に進み、数年後に新しい大聖堂が奉献されました。

聖母被昇天大聖堂

タラゲート

18 世紀、タラ門はオムスク要塞の一部でした。元の記念碑は 1950 年代に解体され、市制止 275 周年を記念して 1991 年にのみ修復されました。建築家たちは再建中に大幅な自由を講じたため、新しい建物は古い建物の完全なコピーにはなりませんでした。オムスク要塞自体は、いくつかの入り口の門と民間の建物が保存されていますが、残りの部分は 20 世紀初頭までに失われています。

タラゲート

ブッフホルツ広場

このエリアは川の駅の近くにあります。この場所は、ピョートル 1 世の命令で、未来都市の領土から遊牧民を追い出した I. ブッフホルツ少将にちなんで名付けられました (後にここに要塞が築かれました)。現在、広場は手入れの行き届いた芝生と路地で装飾された空間となっています。中央にはシベリアの発展のさまざまな段階を描いた現代彫刻「デルザヴァ」があります。

ブッフホルツ広場

イルティシュ堤防

イルティシスカヤ堤防は街の主要な遊歩道であり、町民のお気に入りの場所の 1 つです。 20 世紀半ばに建てられましたが、メンテナンスが不十分で数十年後には荒廃してしまいました。 2000年代に堤防が再建され、まともな姿を取り戻した。路地に沿って歩いたり、ローラースケートに乗ったり、自転車に乗ったり、イルティシュに下りる階段でリラックスしたりできます。

イルティシュ堤防

チョカン・ヴァリハノフの歩行者専用通り

この通りはオムスクの歴史地区にあります。 2014年に路地の一部が再建され、歩行者天国となった。それ以来、それはオムスク・アルバートになりました。通りは、抽象的な建築形態、花壇、鍛造のランタンで飾られています。ウォーキングエリアは、イルティシュ川の美しい景色を望むプラットフォームで終わります。

チョカン・ヴァリハノフの歩行者専用通り

鍵屋ステパニッチの記念碑

オムスクの中心部にある珍しい彫刻。通りを歩いていると文字通り偶然出会うことができます。レーニン。配管工は可能な限りリアルに、実物大で描かれています。ステパニッチは下水道のマンホールから出て、鉄のカバーにもたれかかりながら、好奇心で賑わう街を眺めています。スロバキアの首都ブラチスラバにも同様の彫刻があります。

鍵屋ステパニッチの記念碑

彫刻「リュバ」

この彫刻は、シベリア総督グスタフ・ガスフォードの妻(女性の名前はリュボフ)という非常に特定の人物を描いています。 19 世紀、この記念碑がある場所に木立が育ち、リュバの死後、彼女の名前にちなんで名付けられました。女性の肖像画は一枚も残っていないため、彫刻家たちは歴史的記録に従ってこの像を再現した。

彫刻「リュバ」

オムスク アカデミック ドラマ シアター

1874 年に設立されたシベリア最古の演劇劇場の 1 つ。多くの優れた俳優や監督がここから生まれました。舞台建物は 1882 年に古典主義とバロック様式を組み合わせた折衷様式で建てられました。ファサードと壁は、柱、欄干、複雑な装飾品、装飾的な小塔で装飾されています。壁龕には、A.P. チェーホフと L.N. の胸像があります。

オムスク アカデミック ドラマ シアター

ミュージカルシアター

音楽シーンは 20 世紀半ばに設立されました。当初、レパートリーはコメディが大半を占めていました。作品は非常に成功し、人気があったため、劇場は州の賞や賞を複数回受賞しました。 1981年、舞台は近代(当時)の建築様式で建てられた新しい建物に移った。船のマストの一部や広いスキー場のような形をしています。

ミュージカルシアター

M. A. ヴルーベリにちなんで名付けられた博物館

このギャラリーはオムスクの真の誇りと考えられています。彼女のコレクションは、古代から現代に至るまで、さまざまなジャンルの美術品を集めたものです。博覧会は、F. F. ワーグナーのプロジェクトに従って建てられた 19 世紀の建物、旧総督の宮殿内にあります。この美術館は、この地域で最大の芸術作品の収蔵庫です。その資金には 24,000 点を超える展示品が含まれています。

M. A. ヴルーベリにちなんで名付けられた博物館

F.M. にちなんで名付けられた文学博物館ドストエフスキー

この機関は 1975 年に設立されました。当初は郷土博物館の支部として機能し、その資金を展示会に使用していました。独自の常設展示は 1983 年にオープンしました。現在、博物館は 1799 年に建てられたオムスク要塞の元司令官の家にあります。F. M. ドストエフスキーは亡命中にこの建物に住んでいました。

F.M. にちなんで名付けられた文学博物館ドストエフスキー

コンドラティ ベロフ博物館

K.P.ベロフはオムスク出身の風景画家です。彼の名を冠した博物館は、絵のように美しい木造住宅の中にあり、市内で最も興味深い建築記念碑の 1 つと考えられています。この展示では、K. P. ベロフの生涯と作品、そして建物自体の歴史について説明します。博物館では毎年、現代のオムスクの巨匠が作品を持ち寄って展覧会を開催しています。

コンドラティ ベロフ博物館

オムスク軍事的栄光の博物館複合施設

オムスクの住民は前線で偉業を成し遂げ、後方では無私無欲に働き、勝利に計り知れない貢献をした。これらの人々の記憶に捧げられた博物館は、第二次世界大戦退役軍人委員会の主導により 1985 年に設立されました。この展示会は、私物、武器、写真、子供のおもちゃ、手紙など、戦時中の品物で構成されています。軍事装備を展示する野外展示もあります。

オムスク軍事的栄光の博物館複合施設

歴史と郷土伝承の博物館

郷土伝承博物館には独自の展示会があるだけでなく、モスクワ、サンクトペテルブルク、シベリアの大都市、その他の国のコレクションを展示するプラットフォームでもあります。この施設は 1878 年に設立され、現在ではシベリアで最も古い施設の 1 つとなっています。この博物館は国際展示会に頻繁に参加し、名誉ある賞を受賞しています。

歴史と郷土伝承の博物館

プーシキン図書館

20 世紀初頭に設立された大規模な科学図書館。 100年以上の歴史の中で、書籍コレクションは累計350万部に達します。現在では図書館の形式が少し時代遅れになっているにもかかわらず、約 20 万人が定期的にこの施設を訪れています。コレクションは 1980 年代に建てられた記念碑的な建物の中にあり、その規模はとにかく巨大です。

プーシキン図書館

商人バチュシキンの邸宅

地元の商人A.バチュシキンが所有していた20世紀初頭の邸宅。当時としては、商人階級の代表者が主に木造住宅を所有していたため、この建物は革新的でした。残念ながら建築家の名前は残っていない。建物は、後期古典主義の主な特徴を備えた折衷的なスタイルで建てられました。 1918 年から 1919 年にかけて、A.V. の本社はコルチャックは敷地内にありました。現在、登記所はその領土内にあります。

商人バチュシキンの邸宅

ファイヤータワー

この石塔は 20 世紀初頭に建てられました。その前には、同じ機能を果たした 1870 年の木造建物がその場所に建てられました。この建物は 1940 年代まで本来の目的で使用され、その後は建築記念碑として宣言されました。塔の内部には、消防署と塔の建設の歴史をテーマにした博物館があります。

ファイヤータワー

ニコルスキー コサック大聖堂

この寺院は 19 世紀前半にオムスク コサックの資金で建てられました。 1918 年まで、イェルマックのオリジナルの旗は教会に保管されていましたが、南北戦争中に紛失し、後にコピーに置き換えられました。教会は副大統領のプロジェクトに従って後期古典主義のスタイルで建てられました。スターソフ。サロフのセラフィムとチェルニゴフのテオドシウスの遺物の粒子が内部に保管されています。

ニコルスキー コサック大聖堂

ホーリークロス大聖堂

聖ニコラス大聖堂と並んで、十字架の高揚教会はオムスクで最も古い教会です。1867 年に建てられました。当時、この教会は市内で最も貧しい地域の 1 つに位置していましたが、それでも住民は喜んで寄付をしました。建設へ。 1930 年代、当局は教会の取り壊しを決定しましたが、奇跡的に教会を救うことができました。 1940 年代に、大聖堂は完全に正教会のコミュニティに戻されました。

ホーリークロス大聖堂

セラフィモ・アレクセーエフスカヤ礼拝堂

20 世紀初頭の寄棟屋根の礼拝堂。王位継承者ツァーレヴィチ アレクセイ ロマノフの誕生を記念し、また日露戦争で亡くなったオムスク住民を追悼して建てられました。位牌によって証明されています)。この歴史的な建物は 1927 年に破壊されました。保存されていた革命前の写真に基づいて、1990 年代に礼拝堂が古い場所に復元されました。

セラフィモ・アレクセーエフスカヤ礼拝堂

アチェアー修道院

オムスクから約 50 km のアチェア村にある 19 世紀末の修道院。ソビエト時代には、この複合施設は閉鎖され、略奪が行われました。その復活は1990年代に起こりました。修道院の活動が再開された後、その領土で鉱泉が発見され、総主教アレクシー2世の祝福を受けて聖人に認定されました。アチェアウォーターはすぐに癒しの水として有名になりました。

アチェアー修道院

「アリーナ・オムスク」

10,000 人の観客を対象に設計された多目的スポーツ複合施設。この場所は、ホッケーの試合に適した氷の宮殿として建設されました。地元チームのアバンガルドとオムスク ホークスの本拠地です。このアリーナは 2007 年に建設されました。これまでに、彼女は社交ダンスのヨーロッパ選手権を 2 回開催し、ユースチームによるアイスホッケーワールドカップを数回開催し、スコーピオンズグループによるコンサートを主催することに成功しました。

「アリーナ・オムスク」

コムソモール創立 30 周年にちなんで名付けられた文化レジャー公園

レクリエーションやエンターテイメントに適した、面積 60 ヘクタールを超える都市公園。乗り物、動物園、ダチョウ牧場、ゴーカートトラック、ロープパークがあります。池ではボートや双胴船に乗ることができます。大量の祝日(新年、戦勝記念日、マースレニツァ、市の日など)には、ここで民俗祭りが開催されます。

コムソモール創立 30 周年にちなんで名付けられた文化レジャー公園

「バードハーバー」

オムスク中心部にある自然保護区。生態系を維持する上で非常に重要です。このゾーンは、秋の渡りの際に大量の鳥(数千羽)がここに立ち寄る渡りのルート上に位置しています。合計 150 種以上がバード ハーバーに巣を作ります。鳥類に加えて、19 種の哺乳類がここに生息しています。

「バードハーバー」

イルティシ川

イルティシュ川はロシア、カザフスタン、中国の領土を横断します。水動脈の長さは4,000km以上(オカ川の大きさをさえ上回ります)、その源はモンゴルのアルタイ川の腸内に隠されています。オムスクを含むいくつかの大規模な集落がイルティシ川沿いにあります。川の沿岸地帯は、エコツーリズムの愛好家にとって無尽蔵の資源の源です。

イルティシ川