クアラルンプールの観光スポット トップ 25, マレーシア

1 234
68 587

この都市は中国からの錫鉱山労働者によってゴンバク川とクラン川の合流点に設立されました。このため、彼らは「汚い口」と訳されるそのような名前を選びました。前世紀、クアラルンプールはイギリスと日本(第二次世界大戦中)の統治下にありました。長年の占領がこの地域に痕跡を残さずに過ぎたわけではありませんが、今日では、当時から残されたものの利点の中で、たとえば、その時代の建築遺産を取り上げることができます。それ以来、多くの変化があり、現在、マレーシアの首都はアジアで最もダイナミックに発展している都市の 1 つとなっています。

市内の地区には明確な境界線がありません。さらに、ここでは民族地区が一般的です。最も発展しているもののひとつがチャイナタウンです。ペトロナス ツイン タワーのすぐ近くには多くの観光スポットが集中しています。これら 2 つの超高層ビルは、数十年にわたってクアラルンプールの特徴となってきました。

クアラルンプールの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

ペトロナスタワー

都市の名刺。ツインタワーは1999年までの7年間で建設され、その高さは450メートルを超えます。それらは屋根付きの橋で相互に接続されています。便利で美しいだけでなく、防火性も備えています。建物は88階建てです。 86階には展望デッキがあります。タワー内にはショッピングセンター、オフィススペース、コンサートホール、レストラン、美術館があります。

ペトロナスタワー

パーク KLCC

ペトロナスツインタワー内にあります。 1998年にブラジルの建築家ロベルト・ブール・マルクスによって破壊された。 20ヘクタールの面積を占めています。市の中央公園には路地、噴水、人造湖が豊富にあります。最大の噴水は子供用プールとしても機能します。日中の暑さを逃れるのに最適な場所です。現代的で安全なジョギングコースが領土全体に敷設されています。

パーク KLCC

ブキッ ビンタン

この地域は段階的に開発されました。まず、市内初のエンターテイメント複合施設が登場しました。その後、取引プラットフォームやあらゆる種類のレジャーセンターが追加されました。さまざまな予算に応じた店舗があり、たとえば、スター ヒル ギャラリーは富裕層向けに設計されており、BB プラザはより経済的なショッピング オプションです。世界各国の料理を提供するレストランやスパもここで営業しています。

ブキッ ビンタン

ペタリンストリート

観光客や地元の人は、この通りとその周辺をチャイナタウンと呼ぶことがよくあります。赤提灯はこの地域の典型的な装飾です。同時に、中国人だけでなく、他のアジア諸国の代表者もここに定住しました。ペタリン ストリートの一部は半透明の屋根の下にあり、ショッピング アーケードやレストランが立ち並んでいます。チャイナタウンのホテルは市内の他の地域に比べて安いです。

ペタリンストリート

ジャラン アロー通り

街のメイングルメストリート。ここは夕方になると特に混雑します。観光客や地元の人々が屋外に集まり、アジア各地、そして何よりもマレーシアの料理を味わいます。ほとんどの料理は訪問者の目の前で調理されます。野菜や果物も多数販売されています。周囲の騒音や人混みには誰も注意を払いません。これがこの地域の特別な雰囲気です。

ジャラン アロー通り

イスタナ ネガラ王宮

当初、この建物は中国人の富豪の所有物でした。日本統治時代には将校向けの食堂となった。その後、国王の邸宅として改築されました。現在、この宮殿は王室の住居となっています。公式イベントもここで開催されます。このため、観光客は中に入ることができません。しかし、このアトラクションは人気があり、背景を背景に写真を撮ったり、衛兵交代式を見たりすることができます。

イスタナ ネガラ王宮

スルタン・アブドゥル・サマドの建物

市の行政庁舎であると同時に、建築の記念碑でもあります。 1897 年の建設中に、このプロジェクトの作者であるイギリス人のアーサー チャールズ ノーマンは、ムーア様式を基礎として選択しました。現在、文化省は内部にあります。アトラクションが立つ独立広場は、織物博物館やジャメ モスクなど、他の注目すべき建築物に囲まれています。

スルタン・アブドゥル・サマドの建物

マレーシア国立博物館

博物館の建物自体も展示品のひとつに数えられます。 1953年に国民の農民住宅として建てられました。支柱の上に立っており、外観は模様のあるパネルで装飾されており、内部は歴史的な場面を描いたモザイクです。古代のコイン、さまざまな時代の武器、「影の劇場」としても知られるワヤン・クリ劇場の人形、クランタンの考古学的宝物など、そのコレクションは驚くべきものです。

マレーシア国立博物館

クアラルンプール シティ ギャラリー

世界のほとんどのギャラリーとは異なり、このギャラリーは少し異なる専門分野を持っています。コロニアル様式の建物内には、昔のクアラルンプールを伝える写真や新聞の切り抜きが展示されています。建物の中には、もう存在しない建物もモデルとして掲載されているものもあります。展覧会の作者も未来について空想しています。都市の発展に関する映画が定期的に上映されます。

クアラルンプール シティ ギャラリー

国立織物博物館

2010年にオープン。豊富なコレクションはさまざまなカテゴリーに分かれています。ホールの 1 つは、国内各地の典型的な衣装を展示しています。もう 1 つは、この地域の繊維産業の物語を伝えています。 3 番目には、宝石や貴金属で作られたアイテムが含まれます。そして4番目では、ナショナルファブリックが紹介されます。博物館への入場は無料です。近くにテーマショップがあります。

国立織物博物館

ペトロサイン - ディスカバリー センター

研究博物館はペトロナス ツイン タワー内にあります。ほぼすべての展示物を実際に触って学ぶことができます。内部では、ツアー中に訪問者にさまざまな技術的手段や科学分野について説明します。ただし、その偏りは石油生産の方向にあります。博物館への入り口ですら特殊です。特別なブースに座り、トンネルを通って中に入る必要があります。

ペトロサイン - ディスカバリー センター

イスラム美術館

1998 年に、専用の建物にイスラム美術博物館が開館しました。展示会はいくつかのギャラリーに分かれています。イスラム建築に特化したコレクションには、多くの象徴的な知識がミニチュアで示されています。たとえば、ティムール・アミール廟やタージ・マハルなどです。考古学的発見物は別の部屋に展示されています。オレンブルクのショールが 2 枚、衣装セクションに保管されています。それらはタタール人のマジヌル・クサイノヴァによって作られました。

イスラム美術館

ウィラヤット迫害者モスク

市の主要なモスクは、XX ~ XXI 世紀の変わり目に設立されました。イスタンブールのブルーモスクを模して建てられました。建築様式は混在しており、オスマン様式とマレー様式の両方の兆候が見られます。モスクのドームは特に注目に値します。独自の材料ブレンドで作られており、軽量で強度と耐久性のある構造になっています。 5ヘクタールの面積を占めています。同時に、17,000人がここで祈ることができます。

ウィラヤット迫害者モスク

ジャメ モスク

1909 年にクランとゴンバクの合流点に建設されました。50 年以上にわたり、このモスクはこの国の主要なモスクでした。建設中には、赤と白の色の石が使用されました。装飾の多くの細かいディテールと相まって、モスクは非常にエレガントであることがわかりました。ヤシの木は都市の喧騒から領土を守っています。観光客向けにオブジェクトは閉鎖されていますが、周囲を歩き回って写真を撮ることができます。

ジャメ モスク

モスク ネガラ

20 世紀の 60 年代に建てられました。モスクは国の独立の象徴の一つとなっています。政府は植民地主義者の権力から解放された後、新しい社会的および文化的プロジェクトを導入したいと考えていました。ネガラ モスクはその一部として建設されました。 1987年にピンク色の屋根から青緑色の屋根に変更されました。近くには、マレーシアの政治家の何人かが埋葬されているマカム・パクラヴァンの霊廟があります。

モスク ネガラ

天后宮

国内最大の中国寺院。この複合施設は前世紀の 80 年代に建てられました。この寺院は、道教、儒教、仏教といった中国の伝統的な宗教を統合しました。古典的なスタイルで作られており、彫刻、絵画、ランタンで装飾されています。敷地内にはダイニングルーム、土産物店、美しい庭園があります。ここでは漢方薬に使われるハーブが栽培されています。

天后宮

スリ・マハマリアマン寺院

市内最古のヒンズー教寺院。チャイナタウンの郊外に位置します。 1873 年に設立され、ほぼ 100 年後に大規模な再建が行われました。主な変更点は、「Raja Gopuram」と呼ばれる新しい塔の出現です。内装は豪華で、インドの宮殿を彷彿とさせます。この建物は建築記念碑として認められています。大型連休の期間中、この寺院には他の都市からの巡礼者が集まります。

スリ・マハマリアマン寺院

国定記念物

1965 年にレイク パークに設置されました。この彫刻群は、第二次世界大戦中の日本の侵略者との戦い、および植民地当局からの国の解放に捧げられています。記念碑の高さは約15メートルです。周囲には水路や噴水があります。 7 人の青銅の兵士が英雄にとって重要な資質を特定します。戦闘員の一人は独立の象徴であるマレーシア国旗を掲げている。

国定記念物

中央市場

この地域は、前世紀の 80 年代から活発な貿易の場所として知られていました。 1936 年に、貿易をより組織化するために大きな建物が建てられました。現在、市場の専門性は変わり、中で食べ物を買うことはできませんが、手工芸品を扱う店が多くオープンしています。地元アーティストのギャラリーもあります。インドの商品も買えます。

中央市場

テレビ塔メナラ

建設は 1996 年に完了しました。テレビ塔は世界で 10 に入る高さの 421 メートルです。設計の際、ランドマークの詳細はイスラム建築に基づいて作成されました。夕方には、メナラが特別な方法でライトアップされます。そのため「光の庭」と呼ばれています。テレビ塔の目玉の 1 つは、回転レストラン「セリ アンカサ」です。標高282メートルに位置します。有料の展望台もあります。

テレビ塔メナラ

古い駅

20 世紀初頭の植民地時代に建てられました。建築はムーア様式が主流です。 1986 年に新しい交通ハブが作られて以来、古いボーカルは本来の目的には使用されなくなりました。内部にはクアラルンプールの鉄道交通の歴史を紹介する博物館がオープンした。この建物は建築記念碑として認められています。修復後に姿を変えた鉄道駅ホテルが近くに保存されている。

古い駅

クアラルンプール バード パーク

世界最大のオープン航空施設は 1991 年に開設されました。それ以来、8 ヘクタールの面積で数百種、2,000 点以上の標本が収集されました。主な特徴は、通常のケージや鳥小屋がないことです。エリア全体がネットで覆われており、鳥たちはほぼ自然の状態で暮らしています。円形劇場では鳥の参加によるパフォーマンスが開催され、科学センターではそれらについて詳しく説明されています。

クアラルンプール バード パーク

クアラルンプール植物園

19 世紀末に英国政府の邸宅の一部として造られました。現時点では、多くの注目すべきオブジェクトが90ヘクタールの面積にあります。鹿公園、ハイビスカス、蘭の庭園用に別の区域が確保されています。国立プラネタリウムと警察博物館が運営されています。自然保護の特別な制度により、植物園には多くの制限が適用されます。特に、植物を摘んだり、犬の散歩をしたりすることはできません。

クアラルンプール植物園

水族館水族館 KLCC

世界最大級の水族館。ペトロナスツインタワーのふもとに位置します。全長90メートルのガラスのトンネルで有名。その中で、海洋生物は訪問者の四方八方にいます。注目すべきミニショーには、ピラニアへの餌やりや、スキューバ ダイバーがサメと泳ぐ様子の観察などがあります。訪問者は、一部のプールの住民を水から出さずに触ることができます。

水族館水族館 KLCC

バトゥ洞窟

彼らは市の北に位置しています。鍾乳洞の名前は、近くを流れる川にちなんで付けられました。これらはインド国外にある数少ないヒンズー教の神社の 1 つです。未開発の洞窟も保存されていますが、観光客や巡礼者の注目を集めるのは寺院部分です。ここでは、数多くの彫像、色とりどりの照明、いくつかの建物を見ることができます。タイプーサム祭りが定期的に開催されます。

バトゥ洞窟