ボルドーの観光スポット トップ 20, フランス

773
67 677

ボルドーに最初のブドウ園が現れたのは古代ローマ人のおかげです。ワイン造りの伝統を築いたのは彼らであり、その後この地域が世界中で称賛されるようになりました。ローマ人はまた、海運と貿易関係の発展に刺激を与え、そのおかげで、何世紀にもわたって、ボルドーはパリに決して劣らないフランス最大の文化の中心地となりました。

まず第一に、ボルドーは美食の伝統で知られています。素晴らしい地元ワインについて聞いたことがない人はいないでしょうか。さらに、市内の優雅で滑らかな貴族の通りや広場は、毎年何千人もの観光客を魅了します。ここでは、フランスの真の洗練さと人生を楽しむ力を感じることができます。ボルドーの洗練された雰囲気は、ポルト リュヌ、サン タンドレ大聖堂の広場、絵のように美しいガロンヌ川のほとりで感じることができます。

ボルドーで何を見て、どこに行くべきですか?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

月の港

月の港は、ガロンヌ (ジロンド) 川の近くに位置するボルドーの歴史的中心部の建築群の寓意的な名前です。古典的なスタイルの絵のように美しい建物がその岸辺に半円状に並んでいます。建物の複合体には、市庁舎の建物、大劇場、ブルス広場、サント カトリーヌ、カヨの門、ホテル ラボティエが含まれます。月の港はローマ時代から重要な戦略的役割を果たしてきました。

月の港

交流広場

この地域はガロンヌ川の堤防の近くに位置しています。バロック様式の建築的外観は 18 世紀に形になりました。このプロジェクトは A.J. ガブリエルによって開発されました。広場は税関博物館と為替宮殿の建物に囲まれています。この場所の主な装飾は、水で満たされた広くて平らな表面である鏡の噴水です。特別な噴霧器の助けを借りて、小さな水滴が空気中に噴霧され、その地域に霧が発生することがあります。

交流広場

国会議事堂広場

ボルドー大聖堂の近くにあるイタリア風の小さな広場。広場を囲む壮大な邸宅のほとんどは 18 世紀に建てられました。中央部分には、ネオ ルネッサンス建築様式の 1865 年の国会議事堂の噴水があり、G.-A. の努力のおかげで設置されました。ブロション氏はボルドー市長の一人。国会議事堂はフランスの歴史的建造物です。

国会議事堂広場

キンコンズ スクエア

ボルドー市のメイン広場、ヨーロッパで最も印象的な広場の 1 つ。キンコンズの広大なスペースは多くの人を収容できるため、フェアやコンサートが常に開催されています。 1883 年、最終的に条約によって迫害された、大フランス革命時代の政党の 1 つであるジロンド派の代表の記念碑が広場に建てられました。

キンコンズ スクエア

大劇場

大劇場の壮大な建物は、古代ローマの神殿があった場所に古典的なスタイルで建てられました。おそらく、この事実が最終的に建物の外観の選択に影響を与えたのでしょう。劇場のファサードは古代コリント修道会の正典に相当し、柱廊玄関はローマのパンテオンの女神像によって補完されています。建設には建築家 V. ルイスが招待されました。 18 世紀以来、ボルドーの劇場シーンは街の文化生活の中心でした。

大劇場

ローガン パレス

以前、この宮殿はボルドー大司教 F.M. ド ローガンの邸宅として使われていました。この複合施設は、ボルドー大劇場の設計にも携わった建築家 V. ルイの指導のもと、18 世紀に建てられました。建物の所有者は何度か変わりました。革命中は法廷がここにあり、ナポレオン・ボナパルトの治世中は皇居となり、1835 年以降、この建物にはボルドー市庁舎と博物館が置かれています。

ローガン パレス

サンタンドレ大聖堂

聖アンドリュー (正教会の伝統では、彼は最初に呼ばれたアンドリューとして知られています) に捧げられたボルドー大聖堂。この建物は、9 世紀に破壊された寺院の跡地に 11 世紀に建てられました。大聖堂は、その存在以来長い間、内部空間の再開発とファサードの改修を何度か経験してきました。新たに再構築されるたびに、基準となるゴシック様式の特徴を維持しながら、その外観は徐々に変化していきました。

サンタンドレ大聖堂

ペ・ベルランド・タワー

この塔は、P. ベルラン大司教にちなんで名付けられた同じ名前の広場にあります。この教会の牧師の人柄は、彼が貧しい学生のために市立大学を設立したという事実により歴史に残りました。少し離れたところにありますが、この塔はサン・タンドレ大聖堂の鐘楼です。この建造物は 1863 年に建てられ、1869 年に 8 トンの鐘がその頂上まで吊り上げられました。

ペ・ベルランド・タワー

聖ミカエル大聖堂

この寺院は、ポン・デュ・ピエールの近くにあるメナール広場にあります。教会の建物は、J. レバのプロジェクトに従って、15 ~ 16 世紀に建てられました。この寺院は「炎のゴシック様式」として知られる優美な建築様式で建てられています。大聖堂の鐘楼は本堂から少し離れたところにあります。鐘楼の長さは約 115 メートルで、世界で最も高い寺院建造物の 1 つです。

聖ミカエル大聖堂

ボルドーのノートルダム教会

18 世紀初頭に建てられた表情豊かなバロック様式の教会。建物のファサードは非常に壮麗で豪華で、彫刻や浅浮き彫りで装飾された装飾がふんだんに施されています。ステンドグラスの窓には聖母マリアの像が置かれています。内部空間はアーチ型のギャラリーによって相互に接続されています。教会の壁には 18 ~ 19 世紀の巧みなフレスコ画が描かれています。

ボルドーのノートルダム教会

博物館「ワインの街」

ボルドー地方は優れたワインで世界的に知られています。 「ワインの街」では、ワイン造りの歴史、飲み物の種類、生産の特徴について詳しく学ぶことができます。ここは「ワイン・グッゲンハイム」と呼ばれるモダンな建物の中にある興味深い美術館です。この博物館は 2016 年にオープンし、ブドウ飲料のファンや愛好家の間ですぐに人気を集めました。

博物館「ワインの街」

アキテーヌ博物館

18 世紀にボルドーに石彫刻博物館が設立され、周囲で見つかったローマ帝国時代の工芸品が保管されていました。 1962 年から 1963 年にかけて、民族学、考古学、歴史の地域博物館となりました。このコレクションは 1987 年から現在の形で存在しています。博覧会はかなり広範囲にわたる歴史的期間をカバーしています。 5,000㎡の敷地に約7万点の展示品が展示されています。

アキテーヌ博物館

グロース クローシュ タワー

中世には、この塔はボルドーの都市要塞システムの一部でした。この建物は、破壊された門の跡地に 15 世紀に建てられたと考えられています。グロース・クロッシュのイメージは市の紋章に描かれており、ボルドーの象徴となっています。この建物は 18 世紀に 2 つの側面の塔に円錐形の屋根が付けられ、モダンな外観になりました。北側のファサードは素晴らしいガーゴイルの像で飾られています。中央部分には天文時計の文字盤があります。

グロース クローシュ タワー

カヨゲート

15 世紀には、カヨ門 (または宮殿門) がボルドーへの主要な入り口でした。この門は、カール 8 世の軍隊がイタリア軍を破ったフォルノヴォの戦いの勝利後に建てられました。建物の建築様式はゴシック様式からルネッサンス様式に移行しており、建物が周囲の風景から飛び出し、わずかに「中世」の雰囲気を与えています。

カヨゲート

セントキャサリン通り

全長約1.3kmの通りに200以上のお店が軒を連ねます。ボルドーの貿易の大動脈と言っても過言ではありません。 70年代以来。 20 世紀になると、この路地は歩行者専用となり、観光客の往来がさらに増加し​​ました。ここにはショップに加えて、古い墓地の敷地にあるゴシック様式の十字架や 14 世紀に建てられた聖シメオン教会など、いくつかの歴史的名所があります。

セントキャサリン通り

潜水艦基地

この基地は、第二次世界大戦が始まる前にヒトラーとの合意により設立され、当時イタリア海軍がこの地域に駐留していました。イタリアとドイツの潜水艦がここに基地を置いていました。この場所は砲撃から確実に守られていたため、空襲でも船はほとんど損傷を受けませんでした。現在、展示センターは、かつての基地の薄暗いコンクリート埠頭の敷地内にあります。

潜水艦基地

ジャック シャバン デルマ橋

ガロンヌ川に架かる垂直リフト橋は 2013 年に完成しました。F. オランド大統領と A. ジュペ ボルドー市長が開通式に出席しました。この設計には、乗客を高さ 50 メートルまで持ち上げるエレベーターが装備されています。数日に一度、橋はボルドー港への船の通過を可能にするために上げられます。この構造物は、元首相の J. シャバン デルマスにちなんで名付けられました。

ジャック シャバン デルマ橋

ポン・ド・ピエール橋

C. デシャンポーによって設計された、ガロンヌ川にかかる 19 世紀の古い橋。顧客はナポレオン・ボナパルトその人でした。デザインは、古代ローマの橋に似た一連のアーチ型のスパンです。柱にはナポレオンの横顔を描いたメダリオンが飾られています。夕方になると、ポン ド ピエールが投光器でライトアップされ、とてもロマンチックな雰囲気になります。

ポン・ド・ピエール橋

ガロンヌ川

川はピレネー山脈の中央部に源を発し、ビスケー湾に流れ込みます。海峡の全長は 647 km です。ガロンヌ川はフランスの重要な海運動脈であり、いくつかの水力発電所と貯水池があります。川はトゥールーズ、ボルドー、アジャンの都市を流れます。うらやましいほどの頻度でそれが流出し、それが岸辺の集落に問題を引き起こします。

ガロンヌ川

ボルドーのワインツアーと小旅行

ボルドーはフランスで最も古いワイン生産地域であり、伝統的な技術を使用して最高品質の飲み物が生産されています。地元の旅行会社(だけではありません)は、膨大な数の興味深いワインと美食ツアーを提供しており、旅行者はその中でブドウ畑、工場、ワインセラーを訪れ、さまざまな品種を味わい、あるワインと別のワインの区別を学びます。

ボルドーのワインツアーと小旅行