ヘルシンキの観光スポット トップ 25, フィンランド

328
27 732

フィンランドの首都は、壮大で壮麗な建築物、数多くの歴史的名所、そしていくつかの特に傑出した文化遺産を誇ることはできません。しかし、ヘルシンキは独創的で雰囲気のある街であり、間違いなく独自の魅力を持っています。

市当局は現代建築のデザインを歓迎している。このおかげで、観光客は珍しいテンペリアウキオ教会やカンピ静寂礼拝堂を鑑賞することができます。フィンランドの首都の花崗岩で覆われた堤防は、クルーズ客船やフェリーが波打つバルト海の抑制された雄大なパノラマに変わります。

ヘルシンキは堅固で堅固で繁栄した都市です。ここには魅惑的なゴシック様式の大聖堂や城はありませんが、比類のないキアズマ、厳格な北方の自然、そして常識の勝利があります。

ヘルシンキで何を見て、どこに行くべきですか?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

大聖堂と元老院広場

元老院広場は、フィンランドの首都の 3 つの中央広場の 1 つです。周囲には観光スポットや主要な観光ルートが集中しています。この場所は、ヘルシンキがフィンランド大公国の首都として宣言された後、19 世紀前半に建てられた大聖堂の建築群で飾られています。大聖堂内には宗教改革の創始者、M. ルターの記念碑があります。

大聖堂と元老院広場

シベリウスの記念碑

有名で尊敬されるフィンランドの作曲家ジャン・シベリウスに捧げられた記念碑。この傑出した歴史的人物に敬意を表して、いくつかの通り、音楽アカデミー、都市公園にも名前が付けられています。この記念碑は E. ヒルトゥネンのプロジェクトに従って 1967 年に建てられました。これは、金属パイプの山とその足元にある作曲家の浅浮き彫りからなる抽象的な作品です。

シベリウスの記念碑

ハヴィス・アマンダ

フィンランドの首都のシンボルの 1 つである都市の噴水。このプロジェクトは、20 世紀初頭に彫刻家 V. ウォールグレンによって開発されました。彫刻群の中央には「海のニンフ」と呼ばれる女性の像があり、側面には素晴らしいアシカがいます。信じられないことですが、この記念碑の設置前には、市の中心部に裸の像を設置することの是非をめぐって、2年以上にわたって激しい議論が行われていました。

ハヴィス・アマンダ

スヴェボルグの要塞

ヘルシンキ近郊の岩島に位置する海の要塞。市内中心部からはフェリーですぐにアクセスできます。スヴェボルグはスウェーデン語の名前で、フィンランド人は要塞のことをスオメンリンナと呼んでいます。この建造物は、フィンランドがスウェーデンの一部であった 18 世紀半ばに建てられました。この要塞はスウェーデン艦隊の基地であり、ヘルシンキへの進入路を保護していました。

スヴェボルグの要塞

テンペリアウキオ教会

自然の岩の中に建つ本来の寺院。この教会はヘルシンキで最も印象的な観光スポットの 1 つと考えられています。珍しい建築のおかげで、教会ホールには驚くべき音響効果が生まれます。進歩的なデザインのアイデアはスオライネン兄弟のものです。この寺院は 70 年代に建てられました。 20 世紀に入り、すぐに名声と人気が高まりました。毎年何十万人もの観光客がテンペリアウキオ教会を訪れます。

テンペリアウキオ教会

聖母被昇天大聖堂

A.M. のプロジェクトに従って建てられた正教会の教会。 19世紀半ばのゴルノスタエフ。大聖堂の建築様式は、ビザンチン様式とロシアの寺院建築の伝統が融合したものです。 1872 年に彼は大聖堂の地位を与えられました。現時点では、ヘルシンキの聖母被昇天大聖堂は、西ヨーロッパと北ヨーロッパで最大の正教会です。

聖母被昇天大聖堂

カリオ教会

カリオ教会の花崗岩の大部分は、いわゆる「フィンランドの」アール ヌーボーまたは「国民的ロマン主義」の印象的な作品とよく呼ばれます。この独創的な建物は 1912 年に登場し、すぐにカリオ地域全体の主要な観光スポットになりました。建築家 L. ソンクは、この建物を設計する際に、旧約聖書のソロモン神殿の記述 (その印象的な大きさも含めて) をモデルとして採用したと考えられています。

カリオ教会

聖ヨハネ教会

19 世紀後半のルーテル教会。スウェーデンの建築家 A. メランダーによる壮大な建造物です。イワン・クパーラの異教の祝日が常に祝われた場所に建てられました。教会は非常に印象的な大きさで、同時に 2,600 人が収容できます。建物は「リファレンス」ネオ・ゴシック様式で建てられ、内部空間はフィンランドの最高の職人によって作られた木製の装飾で装飾されています。

聖ヨハネ教会

チャペル オブ サイレンス カンピ

M. ズマネン、N. シロル、K. リントゥラの設計に従って 2012 年に建てられたモダンな建物は、ヘルシンキの最新建築の興味深い、印象的な一例です。礼拝堂は通常の意味での寺院ではなく、ここで礼拝は行われませんが、その領域では心理的な助けを得たり、都市空間の喧騒から離れて休憩したりすることができます。

チャペル オブ サイレンス カンピ

フィンランド国立博物館

フィンランド歴史博物館。古代から現代に至るスオミ (フィンランド人は自分たちの州をこう呼んでいます) の土地の発展をたどることができます。博物館の展示内容は、粘土の破片から統治者の玉座、中世の武器からノキア社の技術的成果に至るまで、非常に広範囲にわたります。博物館は 1916 年に訪問者に公開されました。

フィンランド国立博物館

デザインミュージアム

博物館の展示では、フィンランドの応用芸術の成果が展示されています。展示会、国際イベント、若手デザイナーのファッション コレクションのデモンストレーションなどが頻繁に開催されます。この博物館は、応用芸術を教えるためのワークショップとして 1873 年に設立されました。現在、この場所はヨーロッパで最もモダンなクリエイティブな場所の 1 つと考えられています。

デザインミュージアム

自然史博物館

フィンランド三大国立博物館の一つ。自然史と進化に特化した展示は 4 つのフロアに分かれています。最も貴重な遺物の中には、1000 年以上前の化石の展示品があります。このコレクションは、生命の歴史、フィンランドの自然、骨の歴史、世界の自然の 4 つの部分に分かれています。

自然史博物館

科学館「ユリイカ」

博物館はフィンランドの首都に近いヴァンター市にあります。インタラクティブなゲーム、教育、エンターテイメントのセンターであり、さまざまな年齢層の訪問者が実験したり、物理現象の性質を探索したり、楽しい時間を過ごすことができます。博物館の「研究室」では、専門家の指導の下、より複雑な実験を実行できます。

科学館「ユリイカ」

アテネウム美術館

豊富な美術品を所蔵するアートギャラリー。国民芸術の黄金時代を代表するフィンランドの芸術家のキャンバスには特別な場所が与えられています。ファン ゴッホ、P. ゴーギャン、モディリアーニ、ドガ、F. ゴヤ、セザンヌなど、世界の古典と認められている作家の作品もあります。このコレクションには、レヴィタン、シーシキン、レーピン、ポレノフなど、ロシアの芸術家による多数の絵画が含まれています。

アテネウム美術館

キアズマ

近代建築の記念碑的な建物にある壮大な現代美術館。この美術館は、フィンランドの巨匠や近隣諸国の芸術家による作品の収集を専門としています。多くの作品はキアズマの命令によって生み出されることが多い。現在、博物館のコレクションには約 9,000 点の展示品がありますが、資金は常に補充されており、展示会は成長しています。

キアズマ

セウラサーリ野外博物館

博物館はヘルシンキの西にある同じ名前の島にあります。ヨーロッパの多くの国で同様の博覧会が開催されており、観光客に伝統的な生活や地元住民の生活を紹介することを目的としています。セウラサーリでは、村民の木造住居、フィンランド式サウナ、別棟、風車、国中から持ち込まれた宗教的建造物を見ることができます。

セウラサーリ野外博物館

マーケットスクエア

この広場は 19 世紀初頭に形成されました。それ以来、ここにはヘルシンキを訪れる観光客や地元の人々に人気の市場が開かれています。広場ではお土産や新鮮な農産物、美味しい魚が買え、美味しいランチも楽しめます。ここからスオメンリンナ行きのフェリーが出発します。広場にはロシア皇后アレクサンドラ・フョードロヴナを讃えるオベリスクが建てられた。

マーケットスクエア

古い屋根付き市場

サウス ベイの海岸にあるショッピング モール。19 世紀のエレガントなレンガ造りの建物内にあります。マーケットでは、肉、魚、シーフード、パン、さまざまなペストリーを豊富に取り揃えています。地元の珍味や寿司の店、レストランもあります。古い屋根付き市場は、木彫りの屋台、小さな店、フレンドリーな売り手などが並ぶ、とても雰囲気のある場所です。

古い屋根付き市場

ヘルシンキ駅

首都の鉄道駅の比較的小さな建物は、20 世紀初頭の建築記念碑です。建築家 E. サーリネンの設計に従って建てられました。アール ヌーボー様式のファサードは、E. ウィクストロムによって作成された石の巨人の像で飾られています。数多くの郊外電車や長距離列車がこの駅から出発し、さまざまなヨーロッパ諸国やロシアへ向かいます。

ヘルシンキ駅

セレナ ウォーター パーク

ヘルシンキ郊外にあるウォーター パーク。一年中一般公開されています。かなりの数の滑り台が屋外にあり、フィンランドの涼しい夏には、気温わずか 19 °C の水で遊ぶ子供たちの姿がよく見られます。オールインクルーシブ チケットを購入すると、すべてのアトラクション、バーを訪れることができます。レストラン(アルコールは有料)もございます。

セレナ ウォーター パーク

シー ライフ マリタイム センター

フィンランドの首都の北部にある水族館。シー ライフ水族館には、アカエイ、サメ、サンゴ、クラゲ、タツノオトシゴ、エキゾチックな熱帯魚、厳しい北の海の住民など、さまざまな海洋生物が展示されています。フィンランド語、スウェーデン語、英語で水族館を巡るグループ ツアーがあります。ガイドブックにはロシア語の情報も含まれています。

シー ライフ マリタイム センター

リンナンマキ

観光客や地元の人々に大人気の遊園地。毎年最大 100 万人の観光客がリンナンマキを訪れます。カルーセルと公園のアトラクションはヨーロッパの主要国で製造されており、最新の安全要件を満たしています。公園内には子供向けの無料アトラクションがいくつかあります。

リンナンマキ

コルケアサーリ動物園

この動物園は同じ名前の島にあります。 1889 年に A. ファブリキウスによって設立されました。クマは動物園の最初の住人でした。コルケアサーリの領土にはユキヒョウが生息していますが、現在は絶滅の危機に瀕しています。壮大な北部の動物に加えて、動物園では爬虫類、熱帯の鳥、エキゾチックな動物の代表を鑑賞することができます。

コルケアサーリ動物園

植物園

この庭園はヘルシンキの中心部近くにあります。公園の領土にはバラ園が配置され、温室と人工池のシステムが作成されました。夏には、庭園は素晴らしい花と香りのキャンバスに変わります。その領土では、テーマ別のイベント、さまざまな展示会、競技会、自然保護活動が定期的に開催されます。

植物園

エスプラネード パーク

都市公園、フィンランドの「シャンゼリゼ」、そして地元の人々やヘルシンキの観光客の散歩に人気の場所の 1 つです。フィンランドの首都の数多くのショップや観光スポットを訪れる合間に、ここでゆっくり休むことができます。エスプラネードの東側には、夏にプログレッシブ音楽グループが演奏する小さなコンサート会場があります。

エスプラネード パーク