トゥルクの観光スポット トップ 20, フィンランド

1 044
41 797

フィンランドの都市トゥルクの歴史は 13 世紀にまで遡ります。この国で最も古い都市であり、最初の首都です。トゥルクとその周辺地域の独特の魅力は、アウラ川、海、数千の島々からなる群島、そして歴史的建造物と現代的建造物が有機的に織り交ぜられたものによって与えられています。

貴重な建造物には、国立神社、荘厳な大聖堂、旧広場、中世のアボ城などがあります。市内には美術館や展示センターがたくさんあります。最も人気のあるのは、クエンセル邸の博物館薬局、音楽、工芸、航海博物館、生物学博物館、考古学と現代美術の複合施設です。夏には、フェリーで多くの島へ行きます。そのうちの 1 つは、子供も大人も楽しめるムーミン谷があります。

トゥルクの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

安房城

中世の最大の建物の 1 つです。 1280 年に防御要塞として建設され、その後何度も再建されました。 16 世紀には、壮大なルネサンス様式の宮殿に変わりました。現在、城の敷地内に歴史博物館が開館しています。興味深いのは、監視塔、独房、公爵の部屋、そして儀式に使用される式場です。城のチャペルは結婚式に人気の場所です。

安房城

オールドスクエア

トゥルクの歴史的部分 - Vanha Suutori - は大聖堂の隣にあります。 13世紀から知られています。スウェーデンの図書館、ジュセリウス、ブリンカラ、ヒェルタの古い邸宅、アボ アカデミー、旧市庁舎、および 2 つの広場があります。この広場は見本市、展示会、演劇の会場として機能します。ブリンカラさんの家のバルコニーからは、伝統的に「クリスマスの世界」が宣言され、その後クリスマスを祝い始めます。 7 月にはここで中世の日が開催されます。

オールドスクエア

商圏

市内中心部にある人気の観光スポット。 19世紀から知られています。多くの建物は再建されましたが、戦後にはより近代的な建物に道を譲るために多くの建物が取り壊されました。現在、広場にある主な建物は、正教会、スウェーデン劇場、ホテル、ショッピング センター、カフェです。午前中は、周辺地域の農家や個人生産者が持ち込んだ衣料品や花、農産物などを販売する。

商圏

トゥルク大聖堂

ゴシック様式の壮大な寺院は 1258 年に建立され、40 年後に大聖堂として奉献されました。内部の大部分は、トゥルクでの大規模な火災の後、1830 年に修復されました。このとき、街のシンボルとなった高さ100メートルの塔が建てられました。大聖堂の鐘の音が毎日正午に全国のラジオから聞こえてきます。教会生活の歴史を紹介する博物館が寺院にオープンし、神聖な器、聖人の像、衣服のコレクションが保管されています。

トゥルク大聖堂

聖ミカエル大聖堂

市の中心部の丘の上に位置する。立派な赤レンガのネオゴシック様式の建物。建設は 1899 年に始まり、寺院の開設と奉献は 1905 年に行われました。尖塔のある塔の高さは 77 メートルです。このホールは 1,250 人の教区民向けに設計されており、コンサートや結婚式によく使用されます。大聖堂のオルガンは、2002 年の修復と改善を経て、国内最大と考えられています。

聖ミカエル大聖堂

聖アレクサンドラ教会

1838 年から 1846 年に建てられました。ロシア軍の駐屯地教会として。マーケット広場に位置します。建物は後期帝国様式で作られ、16 本の装飾柱で装飾されたロタンダの形をしています。ドーム下の空間は、金色の星と青い空の形で表現されます。鐘楼は後から増設されたものです。現在、この教会は建築記念碑として認識されています。礼拝はフィンランド語で、月に一度教会スラヴ語で行われます。

聖アレクサンドラ教会

スウェーデンの劇場

マーケット広場に位置します。国内最古と考えられています。建物は 1839 年に建てられました。19 世紀末までに独自の劇団が結成されました。 350 人、120 人、100 人の観客用に 3 つのチャンバーステージがあります。大人から子供まで楽しめる音楽パフォーマンスを専門としています。シーズンごとにいくつかの新しいパフォーマンスが行われます。また、劇場内では会議やプレゼンテーションが、レストランでは冠婚葬祭や宴会が開催されます。舞台裏ツアーが提供されています。

スウェーデンの劇場

美術館

ロマンチックなガラス屋根を備えた雄大な花崗岩の城は、マーケット広場の隣、プオラランマキの丘の街の上にそびえ立っています。 1904 年に建てられ、当初は美術館の建物として構想されました。現在、ここには初期および近代のフィンランド絵画、木彫り、グラフィック、古代兵器、貨幣学などのコレクションを含む 6,000 点以上の作品が保管されています。博物館には土産物店と居心地の良いカフェがあります。

美術館

ジャン・シベリウス音楽博物館

設立日 - 1928。国内で唯一のこのような博物館。モダンな建物は 1968 年に大聖堂からそれほど遠くない場所に建てられました。世界中から集められた歴史ある楽器のコレクションです。別の展示では、作曲家 J. シベリウスの生涯とキャリアを紹介します。博物館の資金には、音声録音、写真文書、原稿、コンサートプログラム、メモ集が含まれています。クリエイティブなミーティングやコンサートが開催されます。

ジャン・シベリウス音楽博物館

アボア・ヴェトゥス

現代アートのコレクションと歴史博物館を組み合わせた魅力的な複合施設。展示会は製造業者レッティグの邸宅内にあります。その隣で、考古学者は中世の都市の一部を発見しました。今日では、6 つの石造りの家々の遺跡と、その間を通る通りによって代表されています。これらは、かつて裕福な商人や職人が住んでいた歴史的な修道院地区の断片です。発掘調査は進行中です。

アボア・ヴェトゥス

薬局博物館とクエンセル ハウス

最古のブルジョワ住宅の 1 つは 18 世紀初頭に建てられました。高価な寄木細工、漆喰、シャンデリア、鏡などの豪華な内装は、当時の主人の住居の様子を物語っています。敷地内には20世紀初頭の薬局が再現されていました。ここでは薬局の器具、家具、医療器具、薬瓶などが見られます。中庭では、訪問者にペストリー、ハーブドリンク、古いレシピに従って作られたお茶が提供されます。

薬局博物館とクエンセル ハウス

ヴァイノ・アールトーネン美術館

1967 年にアウラ堤防にオープンしました。現代美術、特に彫刻家 V. アールトーネンの作品に捧げられています。博物館に寄贈された彼の作品コレクションは、最初の展覧会の基礎となりました。彫刻家は美術館の建物の内装デザインに自ら参加しました。玄関ホールには魚のいる水槽と、コレクション最大の高さ 4 メートルのフィンランドの乙女の彫刻があります。美術館には他の現代巨匠による芸術作品も展示されています。

ヴァイノ・アールトーネン美術館

ルオスタリンマキ工芸博物館

1940 年にオープンし、19 世紀の古い木造建物で構成される 18 の区画で構成されています。これらはフィンランドの職人の家と工房です。それらのユニークさは、異なる地域から持ち込まれたのではなく、元々建てられた場所に立っているという事実にあります。ここには陶芸家、大工、靴屋、時計屋の工房があり、郵便局、パン屋、印刷所もあります。毎年夏、シティ オブ マスターズでは世界クラスのイベント、デイズ オブ クラフト アートが開催されます。

ルオスタリンマキ工芸博物館

フォーラム・マリヌム

この海事センターの展示は、訪問者にフィンランドの造船と航海の歴史を紹介します。最も興味深いのは、アウラ堤防に係留されている古代および現代の船です。その中には帆船、客船、コルベット、バーク、警察船、川の渡し船などがあり、どれにも乗船できます。フォーラムの敷地内には海洋博物館、修復ワークショップ、レストラン、土産物店もあります。

フォーラム・マリヌム

対象市場

文化遺産の対象である19世紀の歴史的建物内にあります。市場の木製の内装が保存されています。市民や観光客がここに来て、パン、野菜、魚、乳製品、肉製品などの新鮮な地元産品を購入します。お酒、調味料、お茶、お土産なども販売しています。この市場は素晴らしい料理で有名です。ここでは、日本料理、メキシコ料理、ベトナム料理、ベジタリアン料理、有名なベーカリーMbakeryのスイーツを味わうことができます。

対象市場

クピッタ公園

フィンランドで最も古く、最大の公園の 1 つ。 19世紀初頭に設立されました。市内中心部に位置し、面積は24ヘクタールです。家族連れに人気のアウトドアアクティビティスポットです。これには、スイミング プールと滑り台のあるサマー アクア コンプレックス、子供用遊園地、ベロモービルのあるモーター シティ、運動場、スタジアム、屋内ジム、スポーツ用品のレンタル、ピクニック エリア、鳥のいる池、レストラン、サマー センターが含まれます。カフェ。

クピッタ公園

トゥルク大学の植物園

ルイッサロ島の郊外に位置します。 1924 年に設立されました。面積は 21 ヘクタールで、そのうち 6 ヘクタールは装飾用のコレクション植物で占められています。領土の残りの部分はオークの森、牧草地、スイレンの咲く人工貯水池です。温室複合施設は6つの部屋で構成されており、外来植物、シダ植物、常緑多肉植物などが生育しています。一般に、庭園コレクションには約 6,000 種の植物が含まれています。ガイド付きツアーは誰でも参加できます。

トゥルク大学の植物園

沿岸の島々

、数千の岩層と島で構成されています。そのうち最大のものには人が住んでおり、本土と連絡を取っています。永住者数は約1000人。この公園は 1983 年に設立され、ユネスコの保護区に登録されています。公園内の壮大な手付かずの自然に加えて、教会、灯台、要塞の断片など、文化的および歴史的な見どころが数多くあります。

沿岸の島々

アーキペラゴ・トレイル

これは、島列島の自然と文化の魅力を巡る、全長 250 km の環状観光ルートです。車でも自転車でも徒歩でも行けます。ルートはトゥルク市から始まります。村、自然歩道、カーリナ、パルガス、ナグ、ナーンタリなどの集落を通過します。数分から 1 時間にわたる 8 回のフェリー旅行が含まれます。このルートは夏期のみ開通します。

アーキペラゴ・トレイル

ムーミンランド(ナーンタリ)

世界最高のテーマパークの 1 つ。トーベ・ヤンソンの面白い物語からインスピレーションを得た作品です。ナーンタリ市近くの小さな島にあります。 5 階建てのムーミンの家、無料の電車、森の迷宮、おとぎ話の魔女の沼地、ビーチ、カフェ、船のある桟橋、劇場、その他のエンターテイメントが含まれています。どこに行っても、子供たちはおとぎ話の登場人物と一緒にいます。子供たちがお気に入りのキャラクターの世界を知っている間、大人はハンモックのあるガゼボでリラックスできます。

ムーミンランド(ナーンタリ)