ヴロツワフの観光スポット トップ 25, ポーランド

417
73 112

オーデル川沿いのヴロツワフは緑と橋の街であり、シレジアに対する権力をめぐるヨーロッパの君主たちの継続的な闘争の勝者となった。ヴロツワフは 1000 年に設立され、それ以来、1945 年以降に最終的にポーランドに返還されるまで、なんとか多くの州の一部となりました。統治者の絶え間ない変化は都市の外観に反映されました。現在、観光客はさまざまな時代の建築様式が混在する街路を観察することができます。

ヴロツワフの主な観光スポットは、トゥムスキ島のほか、マーケット広場やその周辺地域にあります。主な観光ルートは、中世の寺院、宮殿、博物館、公園、庭園を通ります。ヴロツワフはどんな天候でも美しいですが、木々に最初の葉が現れる春は特に美しいです。

ヴロツワフの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

市庁舎とマーケット広場

ヴロツワフのマーケット広場は中世都市の生活の中心地であり、主要なイベントが開催され、貿易が展開され、人々が最新のニュースを知った場所です。貴族の邸宅や古代の建物の中で、市庁舎は特別な場所を占めています。後期ゴシック様式のこの壮大な建物は、14 世紀から 16 世紀にかけて建てられました。現在、市議会の建物には歴史博物館が入っています。

市庁舎とマーケット広場

ヴロツワフのノーム

2000年代初頭からヴロツワフに現れ始めた小さな銅像。街のいたるところで見つけることができます。観光客向けに、ノームの位置を示す特別な地図も用意されています。定期的に彫刻が壊れたり盗まれたりし、代わりに新しいものが設置されます。それぞれのノームには独自の物語があり、旅行者はガイドからそれを聞くことができます。

ヴロツワフのノーム

アクアパーク ヴロツワフ

ヴロツワフ アクア パークは 2008 年に建設され、地元の人々や観光客に非常に人気があります。滑り台への訪問は、歴史的な場所を巡る長いウォーキングツアーの優れた代替品となり、さらに歩くための新たな力を与えてくれます。アトラクションやスイミング プールに加えて、ウォーター パークには塩の洞窟と数種類の浴場を備えたモダンなスパ エリアがあります。

アクアパーク ヴロツワフ

センテナリー ホールとヴロツワフの噴水

センテナリー ホールは、ナポレオン戦勝利 100 周年を記念して M. ベルクのプロジェクトに従って 20 世紀初頭に建てられた歴史的な建物です。これはコンクリート建築の最も初期の例の 1 つであり、2006 年にユネスコのリストに登録されました。2009 年には、色と音楽の噴水がホールの隣で稼働開始されました。夕方には、カラフルなショーが開催され、水流が空まで 40 メートルまで舞い上がり、水面に奇妙な絵が現れます。

センテナリー ホールとヴロツワフの噴水

彫刻グループ「トランジション 1977-2005」

この作品は、ポーランドで政治危機が勃発した 1981 年の民衆の抗議活動に捧げられています。彫刻家 E. カリーナによって作成されました。グループは複数の図で構成されます。それらの一部は地下に入り、暴動中に行方不明になった人々を擬人化していますが、他の部分は逆に地面から出てきて、政権に対する勝利を象徴しています。この曲は弾圧中に苦しんだすべての人々に捧げられています。

彫刻グループ「トランジション 1977-2005」

ヴロツワフ大聖堂

寺院は 13 世紀に建てられました。これはポーランド初のゴシック様式の宗教建築物となりました。さらに、レンガで建てられた最初の教会。第二次世界大戦中に建物の 70% 以上が破壊されましたが、歴史的な内装の一部はまだ保存されていました。 1951 年の再建後、大聖堂は再び奉献されました。修復作業は 1991 年まで続きました。

ヴロツワフ大聖堂

聖エリザベス教会

寺院はマーケット広場の北西側にあります。高さ 90 メートルの印象的な塔が周囲の建物と区別しています。以前はその高さは 130 メートルでしたが、1529 年の地震の後、その寸法は減少しました。この教会は 14 世紀初頭にゴシック様式で建てられました。 13 世紀には、その場所にローマの聖ローレンス教会のロマネスク様式の石造りの教会が建てられました。

聖エリザベス教会

聖マグダラのマリア大聖堂

13 世紀のゴシック様式の教会。その後何世紀にもわたって何度か破壊され、再建された。 1525 年以来、寺院はプロテスタントとなり、第二次世界大戦が終わるまでそのままでした。現在、聖マグダラのマリア大聖堂はカトリック大聖堂教会としての地位を保っています。教会の内部は 1945 年に部分的に損傷しました。残ったものは国立博物館に移されました。

聖マグダラのマリア大聖堂

王宮

この宮殿はかつてプロイセン王の住居でした。建物は 18 世紀初頭にウィーン建築様式で建てられました。シレジアがプロイセンの支配下に落ちた後、宮殿は統治者フリードリヒ大王によって購入され、彼の住居に改装されました。 1845 年に、建物は F. A. シュチュラーのプロジェクトに従ってルネサンス様式で再建されました。 2008 年の修復後、宮殿の敷地内に歴史博物館がオープンしました。

王宮

ペシャナヤ通りのショッピング モール

ヴロツワフの歴史地区の 1 つにある屋根付き市場。この複合施設は、R. プルーデマンの設計に従って 1908 年に建設されました。 20 世紀初頭、ヴロツワフはドイツで最も人口の多い都市の 1 つであったため、このような構造を建設する必要性が生じました (当時、国家としてのポーランドはまだ存在していませんでした)。現在も市場は本来の目的に使用され続けています。花や野菜、果物などを販売しています。

ペシャナヤ通りのショッピング モール

ヤスとマルゴスの家

ヤスとマルゴシャはポーランドの民話の登場人物です。ヴロツワフの中心部にある 16 世紀から保存されている小さな家々には、それらの名前が付けられています。以前は、鐘の音を鳴らす人、教会の職員、葬儀屋が住んでいました。現在、この建物には展示ギャラリーとヴロツワフ愛好家協会が入っています。小さなアーチでつながった家々が斜めに建っています。かつて彼らの後ろには墓地がありました。

ヤスとマルゴスの家

ヴロツワフ オペラ

ミュージカル劇場の建物は、K. F. ランガンスのプロジェクトに従って、19 世紀に古典的なスタイルで建てられました。 R. ワーグナー、N. パガニーニ、R. シュトラウス、F. リストなど、多くの有名な作曲家の名前がこのオペラに関連しています。開場直後からステージではドラマチックなパフォーマンスが繰り広げられ、 20 世紀初頭には、オペラ作品がレパートリーに加わりました。劇場の建物は貴重な歴史的建造物です。

ヴロツワフ オペラ

国立音楽フォーラム

4つの大ホール、3つの室内ホール、リハーサル室、オフィススペース、レコーディングスタジオを組み合わせたコンサート会場です。この建物はポーランドで最も権威のある建築スタジオの 1 つによって設計されました。フォーラムのインテリアは非常に簡潔でモダンです。クラシック・フィルハーモニー管弦楽団の内装にありがちな飾り気や装飾は一切なく作られています。

国立音楽フォーラム

国立博物館

シレジアの最高の画家や彫刻家の作品のほか、地元の職人による製品の豊富なコレクションを展示するアート ギャラリーです。多くの展示物が教会からここに移されました。博覧会の別の部分では、20 世紀のポーランド現代美術が展示されています。国立博物館は、ポーランドのすべてのギャラリーの中で最大の美術コレクションを所蔵しています。

国立博物館

ラツワヴィツェのパノラマ

この絵は、コジオシュコ民族解放運動中に起こったラツワヴィツェの戦いを描いている。その後、ポーランドの反乱軍はロシア軍と戦った。このパノラマは、戦闘 100 周年を記念してリヴィウで作成されました。アーティストの V. Kossak と J. Styka がこの作品に取り組みました。彼らは長さ114メートル、高さ15メートル、直径38メートルの壮大なキャンバスを手に入れました。

ラツワヴィツェのパノラマ

コレイコヴォ

これは、全長 430 メートルの線路、15 両の列車と数十両の車両で構成される鉄道の模型です。これらすべては、制作者によって美しくモデル化された、下シレジアの「復活した」田園風景や日常生活の風景を背景に動きます。模型はヴロツワフ中心部のシフィエボツキー駅の敷地内にあり、マーケット広場から約800メートルのところにあります。

コレイコヴォ

水都

水について学ぶことができる体験型センター。 19 世紀の地下貯水池だった場所に 2016 年にオープンし、長い間ヴロツワフに飲料水を供給していました。ハイドロポリスは 8 つのテーマゾーンに分かれています。それは同時に博物館であり、インスタレーションのためのインタラクティブなプラットフォームであり、環境教育の場でもあります。博覧会を鑑賞するには 2 時間もあれば十分です。

水都

ヴロツワフ大学

この教育機関は 1702 年に設立されました。その起源はカトリックのイエズス会です。当初、カリキュラムは神学と哲学の科目のみで構成されていました。現在、この大学には 12 の学部があり、3 万人以上の学生が学んでいます。大学図書館には中世に出版された貴重な写本や古書が所蔵されています。

ヴロツワフ大学

ヴロツワフ・マイン

旅客列車と貨物列車が到着するヴロツワフ駅。この駅は 19 世紀に建設され、20 世紀初頭に乗客の流れの増加により拡張されました。建物の首都再建は 2011 年から 2012 年にかけて行われました。建物はヨーロッパ建築の典型的な例です。東ヨーロッパの都市には似たようなスタイルの建物がたくさんあります。

ヴロツワフ・マイン

スカイタワー

ヴロツワフで最も高い建物で、ポーランドで 3 番目に高い建物です。超高層ビルの建設は 5 年間続き、2012 年に完成しました。現在、塔の大きさは尖塔を合わせて 212 メートルに達していますが、当初の計画はもっと野心的で、建築家たちは 258 メートルの塔を建設することを考えていました。スカイタワーには住宅用アパート、店舗、オフィス、サービス施設が入っています。

スカイタワー

グルンヴァルト橋

オーデル川にかかる吊り橋は長さ 112 メートル、幅 18 メートルです。構造は鋼鉄、レンガ、花崗岩でできています。この橋は 1910 年に建築家 R. プルードマンによって建設されました。開会式はヴィルヘルム2世ご本人の立会いの下で行われました。ポンツーンはヴロツワフの中心部と市の北東部を結んでいます。当初、この橋はインペリアル橋と呼ばれていましたが、後にフリーダムブリッジと呼ばれるようになりました。

グルンヴァルト橋

タムスキー橋

オーデル川にかかるもう一つの橋。 1889 年に古い木造建築を建て替えるために建てられました。以前はこの橋は車の通行が可能でしたが、現在は歩行者のみが通行できます。最初の大規模な改修は 1947 年にのみ実行されました。1976 年に、ポンツーンは歴史的記念物として認識されました。観光客や地元の若者はトゥムスキー橋に集まるのが好きです。

タムスキー橋

ヴロツワフ動物園

この動物園は 1865 年に設立され、現在は 30 ヘクタールの面積を占めています。ここには 850 種以上の動物 (7,000 頭以上) が生息しています。 J. エルヴァンツァー市長の主導により、この動物園がヴロツワフに出現しました。 1862 年、この市長は募金活動を組織しました。 2012 年に動物園内に海洋水族館が登場し、100 種 (2600 頭) 以上の海洋生物と河川生物が定住しました。

ヴロツワフ動物園

日本庭園

日本庭園は、次回の万国博覧会の開催に合わせて 1913 年に整備され、今回はヴロツワフのシュチェトニツキー公園で開催されました。日本人の庭師とポーランドの愛好家がランドスケープデザインに取り組みました。展覧会終了後、多くの建造物は解体されましたが、公園自体は保存されました。 1996 年の復活後、庭園はヴロツワフの真の真珠になりました。

日本庭園

ヴロツワフ大学の植物園

この公園は 1811 年に設立され、歴史の点ではヤゲウォ大学の植物園に次いで 2 番目です。当初は研究用の薬用植物を植える小さな庭園でしたが、やがて本格的な庭園へと成長しました。ここにはプラタナス、ブナ、イチイ、カシ、イチョウなど、天然記念物に指定されている数十本の木が生えています。

ヴロツワフ大学の植物園