ユジノサハリンスクの観光スポット トップ 20, ロシア

670
26 079

サハリンは真の世界の終わりであり、雄大な太平洋が支配し、海岸の岩に強力な波を打ち寄せる場所です。信じられないほど絵のように美しいこの離島は、困難や文明の欠如を恐れず、野生動物の美しさと孤独を理解する冒険家を魅了します。

一見すると、ユジノサハリンスクは、ソ連時代の建築物が残り、重要な歴史的名所が少ない、典型的で目立たない都市ですが、その一方で、文化、伝統、方言が真に混在している都市でもあります。ここにいないのは誰ですか:日本人、韓国人、アメリカ人、ロシア人。異国情緒を味わいたいなら、地元の市場に行くのがおすすめです。そこでは、シーフードの珍味を買ったり、にぎやかな港の雰囲気に浸ることができます。

ユジノサハリンスクの見どころと行き先は?

歩くのに最も興味深く美しい場所。写真と簡単な説明。

郷土伝承博物館

郷土歴史博物館の建物を見ると、これは何なのか、日本の貴族の宮殿なのか、それとも今も博覧会が開催されている場所なのかという疑問が生じます。それもそのはず、この建物は 1937 年にサハリン島が日本政府の管轄下にあった当時、日出ずる国の特徴である伝統的な帝冠造りで建てられたのです。博物館の展示は非常に多様です。ツアー中は、自然、先住民族の歴史、地域の文化と発展について学ぶことができます。

郷土伝承博物館

「山の空気」

一説によると樺太県時代(1905~1945年)から存在していたスキー場とスポーツの複合施設。当時でもここではスキーやスキージャンプの競技会が開催されていました。ソビエト時代には、スポーツ大会も「マウンテンエア」で開催され、連邦共和国からの観光客がここにやって来ました。 1990 年代に放棄され、2000 年代に改修された後、このリゾートはロシアで最も近代的なリゾートの 1 つになりました。

「山の空気」

レーニン広場

レーニン記念碑、行政施設、鉄道駅、噴水、敷石など、特徴的な景観を持つ市の中心広場。休暇中は、民俗祭りやあらゆる種類のイベントが開催される主要な場所になります。週末には町民が散歩し、外国人観光客も観光ツアーで訪れます。夏になると、広場はとても快適で美しい場所になります。

レーニン広場

グローリースクエア

この広場は、1945 年に日本の侵略者からサハリンが解放されたことを記念して建てられた記念施設です。1980 年代に建設されました。このアンサンブルには、A.M. マーシャルの記念碑が含まれています。ヴァシレフスキー、兵士と船員を描いた2つの彫刻群、英雄への永遠の栄光の石碑、永遠の炎、英雄の胸像14体を備えた栄光の路地、アフガニスタン戦争とチェチェン戦争で亡くなった兵士を讃える記念碑。広場には軍事装備のサンプルもあります。

グローリースクエア

記念複合施設「ビクトリー」

この複合施設は戦勝 70 周年を記念して 2016 年にオープンしました。それは広場と文化教育センターの建物であり、日露戦争と大祖国戦争をテーマにした歴史展示会、会議ホール、映画館が 3 つのフロアにあります。この広場は建設​​中の寺院の隣にあり、将来的には記念複合施設に含まれる予定です。

記念複合施設「ビクトリー」

鉄道博物館

この博物館は 2004 年に鉄道労働者文化会館の敷地内に開館しました。展示内容は、サハリンに鉄道線路が建設され始めた 20 世紀初頭からの期間をカバーしています。貨車の模型やレールの断面図、交通整理に使用される各種機器や設備、運転士や駅員の制服などを展示しています。青空の下には本物の鉄道設備があります。

鉄道博物館

美術館

サハリン地方の領土内では、市立美術館がこの種の唯一の美術館です。さらに、それは非常に若いです(1980年代に設立されました)。美術館の1階では企画展が開催され、2階では「19世紀から20世紀初頭のロシア美術」、「日本の装飾美術と応用美術」、「韓国の現代美術」などの常設展示がご覧いただけます。 ”。

美術館

A.P.チェーホフの本の博物館「サハリン島」

この博物館は、A.P. チェーホフの 1890 年のサハリン旅行という非常に特殊な出来事に特化しており、その結果彼は一冊の本を書き上げました。しかし、予想に反して、彼のコレクションは絵画、グラフィック、文書、写真素材、コイン、美術品、工芸品など非常に多岐にわたります。チェーホフ家の人々の私物や、亡命者(19世紀、サハリンは重労働の島でした)の様々な品々も展示されています。

A.P.チェーホフの本の博物館「サハリン島」

A.P.チェーホフにちなんで名付けられた演劇センター

1930 年代に形成されたこの島の主要な劇的な舞台。作家の名前は1954年に彼女に与えられました。ここでは、パフォーマンスに加えて、フェスティバル、創造的な研究所、さまざまな文化プロジェクト、コンテストなど、嵐の演劇活動が組織されています。レパートリーは現代作家による戯曲が大部分を占めますが、古典的な作品もあります。子供向けの興味深いプログラムもあります。

A.P.チェーホフにちなんで名付けられた演劇センター

サハリン人形劇場

この劇場は、愛好家のチームのおかげで 1981 年に設立されました。当初はスポーツクラブの敷地を借りて公演を行っていたが、2011年まではペンションセンターとの共用ステージを経て、新しい建物に移転した。この劇場には、モスクワ、サンクトペテルブルク、その他のロシアの主要都市だけでなく、海外からも多くのグループがツアーに参加します。サハリン人形劇場を拠点として、フェスティバル「オン・ザ・アイランド・オブ・ワンダーズ」が開催されています。

サハリン人形劇場

キリスト降誕大聖堂

市の新しい大聖堂教会は、規模が小さいため全員を収容できなかった古い教会に代わって 2015 年に建てられました。大聖堂はノヴゴロド様式で造られました。正方形に 5 つのドームが配置され、ファサードは対称的なアーチで終わります。建物は、通常の白い大理石に加えて、インドの赤い大理石と花崗岩で作られています。外壁はエルサレムで作られたモザイクで装飾されています。

キリスト降誕大聖堂

復活大聖堂

1990 年代に建てられたユジノサハリンスク初の大聖堂教会。 20世紀初頭からサハリンは日本の領土となり、1945年以降は宗教と熱心に闘うソ連の一部となったため、かなり長い間、サハリンにはキリスト教の教会は建てられなかった。サハリンでの寺院建設の復活はちょうど 1990 年代に起こりました。工事資金のかなりの部分は町民からの寄付でした。

復活大聖堂

サハリン動物園

1993 年に設立された極東最大の動物園の 1 つ。園内には 170 種 (500 頭) 以上の動物が生息しており、そのうちの数十種はロシアおよび世界のレッド ブックに掲載されています。動物相の最も希少な代表は、ウスリークマ、アフリカライオン、ハゲワシカメ、タヌキ、アムールトラ、極東ヒョウ、その他の希少種や絶滅危惧種です。

サハリン動物園

ユウにちなんで名付けられた公園。 A. ガガーリン

この都市公園は、1906 年にユジノサハリンスクに存在した小さな庭園から生まれました。当然のことながら、自然空間、豊富な水、ランドスケープデザイン要素の特徴的な調和のとれた組み合わせによる日本風に装飾されています。サハリンがソ連に編入された後、サハリンはアトラクション、ダンスフロア、スポーツエリアを追加することで近代化されました。 1981 年、この公園は台風ウィリスによってほぼ破壊されましたが、後に廃墟から復元されました。

ユウにちなんで名付けられた公園。 A. ガガーリン

チェーホフ ピーク

チェーホフ山は高さ 1000 メートルを超え、島で最も高い山の 1 つです。日本統治時代には頂上に寺院が建てられ、今も残っています。ハイキング コースが山に続いており、場所によってはロープが設置され、標識が設置されています。山頂の斜面には珍しい動物が生息しており、場所によっては竹やシラカバの茂みもあります。

チェーホフ ピーク

カエル山

カエルの遺跡は、アイヌの先住民族の代表者たちが神秘的な儀式を行った、島の自然の力の場です。ユジノサハリンスクから約20km、ヴェストチカ村の近くに位置しています。カエルは「サハリンの七不思議」のリストに含まれており、地元の「おいしいジン」と考えられています。アイチカ川が近くを流れています。人々は、その水には治癒効果があると信じています。

カエル山

トゥナイチャ湖

島内で 2 番目に大きい、清らかな水が湧き出る天然の貯水池。これはユニークな自然記念碑であり、釣り愛好家にとって魅力的な場所です(湖には貴重なサケ種を含む約 30 種の商業魚が生息しています)。夏には周囲に緑が咲き誇ります。初秋には、豊かな果実が岸辺で熟します。トゥナイチャはオホーツク海と狭い海峡でつながっています。

トゥナイチャ湖

ケープ・ジャイアント

海岸で最も美しい場所の 1 つである、緑の草で覆われた海岸の崖です。岬の端には、自然が奇妙な石のアーチを作り、騒々しいカモメがそれを選びました。岩の近くには狭い砂浜があります。 7 月から 8 月にここに到着できれば、太平洋サケの産卵という驚くべき自然現象を目撃することができます。

ケープ・ジャイアント

クリヨン岬

クリヨン岬はサハリンの最南端にあり、フランスの将軍にちなんで名付けられました。オフロードでここに行くのはかなり困難ですが、雄大な自然はそれだけの価値があります。オホーツク海の寒流がここでタタール海峡の暖流と合流するため、岬で好天が続くことはめったにありません。珍しい訪問者は嵐の風と雨に迎えられ、ここが本当の地球の終わりであるという感覚を本当に生み出します。

クリヨン岬

アニバ岬と灯台

狭くて岩が多いアニバ岬は、サハリンの南東部にあります。それは巨大な石の船に似ており、太平洋の荒れ狂う海を乗り越えるのは困難です。 1930年代、日本人建築家の指導のもと、難破船の数を何とか減らすために岩の上に灯台が建てられました。しばらくすると近くに村が現れた。現在、オブジェクトと居住地は放棄されています。

アニバ岬と灯台